スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ある意味、誕生日
原付バイクに撥ねられたあの日から、今日でちょうど一年です(笑)。

鎖骨骨折だったんですが、なっかなか握力と腕力が戻らなくて、本気でヒヤヒヤしたもんなぁ。
今では骨折前よりもマッチョになった気がします(笑)。復活しすぎだ!


今思えば、あの事故がきっかけで“いつ死んでもいい”という考え方が変わった気がします。
ほら、JWだった頃ってむしろ早く死んじゃったら迫害もハルマゲドンも経験せずに復活できるから美味しいと思ってたじゃないですか。即死いいね!みたいなね・・・。なんという罰当たりなヤツだと、今は思いますけどね。でもほんとにそう思ってた。

だからJWをやめたあとも、ずっとそういう感覚は抜けてなかったんですよね。
別に明日死んでも思い残すこともないし、しんどい思いもしなくてすむし、なんて。


事故に遭ったのは、ちょうどそんな感覚が抜けてない、JWをやめた1ヵ月後ぐらいでした。


道路に倒れてる数十秒間、なぜか走馬灯みたいなものは見なくて、
ただただ「え、え、死ぬの?マジで?」という焦りというか恐怖というか。

“死にたくない”と本気で思えた瞬間でした。

死ぬってのはこういうことかと。こんなにもあっけなく、突然訪れるものかと。


今日のバイトはどうしよう、家族や親戚は大丈夫か?
ああ、スパナチュのシーズン2も観なきゃいけないのに!!

そんな大事なことと小さなことが頭ん中をぐるんぐるん回ってました(笑)。


まあ実際はこのとおりピンピンしてるんですけども、撥ねられた瞬間は本気で「死ぬー!」と思いましたからね。

「生きてて良かった。」と心底思えたのは、JWをやめたばかりの自分にとってはすごく大きかった。
怪我の功名というか、グッドタイミングというか。軽傷で済んだから言えることなんですけども。


そんな気持ちの変化に加えて、事故後にすごく良くしてくれたリハビリの先生達やバイト先の店長さんや同僚たちや近所の人たちがいて、JWではない人たちが示してくれる気遣いとか優しさが本当に身に沁みて、“世の人”という感覚が抜け切ってなかった自分にとっては、そういう偏見と猜疑心を一気に覆す機会になりました。



いやぁほんとに、すごく大きな変化を与えてくれた体験だったなと。
もちろん事故はもう二度とごめんですけど。


そういえばJWを離れてから着信もメールも無視し続けてたのに、事故きっかけでお見舞いとかに来られたりして無視するわけにもいかなくなって、関係を切るに切れなくなったというオマケ要素もありました。これに関しては果たして、良かったのか悪かったのか・・・(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/18 23:59 】

| 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<だって女の子だもん | ホーム | あ、日付変わっちゃった・・・>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2009/02/20 01:21 】
--- ---

遅くなりましたが、↑のコメントくださった方、ありがとうございます!!

そんなお気遣い全然ご無用ですよ~(笑)。
いつも孤独なゆずぽんですから、反応してくださるだけで本当に嬉しいので♪
ゆずぽん * URL [編集] 【 2009/02/22 22:59 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hitorigoto840.blog95.fc2.com/tb.php/68-bcf450b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。