スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
正月なんて嫌いだ
やーっとこさ正月モードも消え始めて、日常が戻ってきつつあります。
やっぱ正月なんてしんどいだけですな。
お年玉はもらえなくなるのに、こき使われる率は年々上昇するんだもの。良い事なし。

ちょうど2007年の12月末から正月にかけてぱったりと集会に行かなくなったので、
もう1年経ったんですねぇ。早かったような、長かったような・・・。

JWを脱出したら自由の身になって開放感を得られるはずなんだけど、
むしろ絶望感というか突然誰もいない砂漠に放り出されたような孤独感、恐怖感の方が大きかったりします。ああ、あと喪失感か。一体全体JWのためにどんだけのものを失ったんだろう。失ったことをなかったことにできるようなものならいいけど、間違いなく自分の未来に関わってくるものもたくさん失った。

そんなことをグダグダ考えながら悶々としていたお正月です(苦笑)。


あ、そういえば元旦の夜に一応、神社に行ってきました。母と兄とで。
行列を予想していたのに拍子抜けするぐらいスイスイと境内まで進めてしまって、
一応お賽銭を10円放り込んでガラガラガラと鐘を振ってみる。かしわ手も2回打ってみる。

・・・う~~~ん、まっっったく何の感慨も無し!!
一体何を願っていいのやら、そもそもなんで頭を下げなきゃならんのか。
初詣って日本の文化なのに、JW2世からしたらどっかの辺境にいる民族の儀式ぐらいピンとこないものですよね。どういう気持ちでいたらいいのか分からない。居心地悪くていたたまれなくてしょうがない。

クリスマスにしろ誕生日にしろ、全部そんな感じ。

それでも子供の頃は、普通にそういうのを楽しんでる子達を羨ましく思ってたんですよ。
なんで自分はやっちゃいけないんだろう?一緒にやりたいな~と思ってたはず。

今となっては、その頃の感覚も思い出せない。
正月もクリスマスも誕生日も、祝わないのが自然なこと。感情が動かない。


でもどっかにそういうイベントごとに人一倍執着してる自分もいたりするんだよなぁ。
結局どうしたいんだよ!って話なんですが(^^;)。
これも時が経過するにつれて気持ちが変わってきたりするんですかねぇ?



これから2009年がスタートするというのに、グチっぽい日記になっちまいました。
ま、今年もこんな感じで表では隠してるどす黒い自分を吐き出していきたいと思います。
抱負なんてものは特にないですが、一つだけ挙げるなら、生きること(笑)。
去年よりは少しでも自分のことが好きになれるように自信を持てるようになるように。

人生は長い。まだまだ時間はたっぷりある。そう思えるように。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/01/08 00:25 】

| JWネタ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<体も心も寒いよぅ | ホーム | 初おめ>>
コメント
--- 二極化 ---

常人でもしんどいからねうちの正月は…
いあー親戚づきあいの有難味ってのもわかるんですが

あれだ
ヒマすぎて所在無い者と
準備に追われ急がしすぎる者の
二極化が甚だしい

もう少し最適化できないものかと思う

しかしヒマすぎサイドの僕なんかが
台所仕事を手伝える雰囲気でもないしなー
手伝ってもたぶん戦力にならないし…
チェルベロ * URL [編集] 【 2009/01/08 16:52 】
--- 男尊女卑 ---

うんうん、ありがたいなぁとも思いますです。
本当の孤独よりはよっぽど幸せな状況なんだろうなと。

男性陣はね~、手持ち無沙汰そうだよね。
やはり田舎の人々だから、台所仕事は女がやること!という意識が強いのでしょう。
男はどっしり座って待っとけ!という(笑)。

かといってipodで音楽聴いたり、本読んだりとかができる雰囲気でもないしね。
一度あまりに手持ち無沙汰だったので本を読み始めたら怒られたもの(^^;)。
どないせえっちゅうねん。

ま、あれだ、寝てしまうのが一番良い手なのでしょう。
一定時間を越えると男性陣みんな寝てるもん(笑)。
ゆずぽん * URL [編集] 【 2009/01/10 23:23 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hitorigoto840.blog95.fc2.com/tb.php/57-36f8e5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。