スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
いつか笑って話せるわ
ここ数日の脳内リフレイン曲は中島みゆきさんの『時代』でしたw
おばはんですよね。我ながら。

いやでもこれは名曲ですよ、本当に。
「もう死んじゃいたいなぁ」なんて気分になった時、かなり支えになってもらいました。



今月初めにめでたく問題解決したかに見えたのですが、その翌日あたりから突然店長が指輪をつけはじめましてね。こちとらやっとこさ踏ん切りつけてリセットしましょうってな気持ちになってたのに、また新たなショックじゃないですか。なんだなんだ嫌がらせか!?と。別れ話の舌の根も乾かぬうちに指輪を見せつけますか!?と。

ただでさえ精神的に弱ってるわ鬱っぽくなってるわで、指輪も店長のよそよそしさも悪い方に悪い方に考えちゃうわけですよ。女にわたしを追い出すように言われたんじゃないかとか(TT)。



そんな中、もひとつショックの大きな出来事がありまして・・・。
こりゃもうダメだ~とさすがに諦めかけましたね。いろいろと。



仕事も生きるのもやめてやるー!!!なんてヤケになりかけたのですが、
まあ、やめるんならその前にもう一度店長にキレるべきなんじゃないかと。

言うことは言って、それでもダメならやめようと。


んで、まあ恥も外聞もなく大泣きしながら店長にブチギレタわけです(^^;)。
いやもう我ながら恥ずかしいぐらい泣いたなー。嗚咽で喋れないなんて久しぶりだった。

昔は人前では絶対泣けなかったのに、ここ数日で一年分ぐらい泣いた気がする(笑)。



そんなわけで、誤解も解けて、もやもやしてたものもほぼスッキリしまして
改めて心機一転がんばりましょうってことで一応話はまとまりました。
狭い職場なのでギクシャクしてるのが一番精神的にダメージ大きいんですよね。
かといってその空気を打破すべくアクションを起こすのって店長は絶対出来ないんです。長年見てるので、知ってるんです。そういうヨワっちいとこが嫌いだったんです。ならなんで付き合ったのか?と聞かれれば、それはまた別の話なんですな~これがw

まあ、もう絶対こういう人はやめとこうという教訓にはなりましたな。

やっぱりきちんとコミュニケーションが取れて、言葉に出来る人が良い。



この先、仕事をどんぐらい続けるかはまだ分からないけど、もうしばらくは稼がせてもらって(笑)、体力回復を図りたいと思います。まだまだHP半分ぐらいな感じがするもんな~。なんかあるとすぐ瀕死状態になりそう。緑じゃなくて黄色状態(笑)。

取りあえず赤状態からは抜け出せたのでホッとしております。



10年後とかの自分から見たらこの程度で赤状態になってることに笑っちゃうんだろうな(^^;)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【 2011/06/13 21:48 】

| 雑記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
エレカシを聴きながら
やっぱりエレカシは良いなぁ。
宮本さんの声は本当に沁みる。


さてさて、6月に入りましたね~。
我ながら驚きの早さで立ち直りつつあります。
いろんな経験を積んでいくうちに、立ち直りが少しずつ早くなってる気がします。

これが“成長”ってやつなんでしょうかね。


淋しさも悔しさも、まだまだ消えはしないけれども、いつまでも引きずってても仕方ないですからねぇ。
6月から気持ちをリセットしましょうってことで、店長と仲直りしてあげました。
「心機一転がんばりましょう」と自分から握手!

マジで大人じゃないですか!?わたしってば。
まあ握り潰すぐらいの握手してやりましたが(笑)。

いやもうね、これからの暑い時期ただでさえ体力奪われるのにこの上精神力まで奪われてたら死んじゃうから。お互いw いや店長はどうでもいいんだけど、自分がね。あくまでも自分のための休戦協定。


そんなわけで今後もチクチクと嫌味は言ってやろうと思います。



はい! ジメジメはもうおしまい!
次へ行こう次へ。

・・・なんて簡単に行けたら苦労しないんだけども。



でもね、少ないながらも一応恋愛を経験してみて、JWを抜けたばっかりの頃よりは苦手意識とか恐怖心がだいぶ薄れた気がします。やっとスタートラインに立てたかなみたいな。スタートラインに立てることすら無いと思ってたあの頃からしたら、これは相当な進歩なわけで。

今回のことだって直後は“ふりだし”に戻されたかのように感じて打ちのめされたけど、
よくよく考えてみればその場で転んだだけであって戻ったわけではないんですよね。

長いマラソンの途中で転んだだけ。
ズベーッと顔から転んで痛かったかもしれないけど、それでもスタート地点まで戻されたわけじゃない。
その場からまた走り出せる。擦り傷が乾くまでヒリヒリするかもしれないけど、そこから走れる。



そんなふうに考えたら、今回のこともあながち悪いことばかりでもなかったかなって。




そしてこのタイミングで流れ出すエレカシの『赤い薔薇』!
好きなんですよねぇこの曲。

「僕はひた走る どんな悲しい思い出も すべて後ろにして」


なんだろうね、宮本さんの言葉は優しい。
孤独も淋しさも辛さも、全部受け入れて良いんだよって言ってくれてるような。
そんな感情も愛おしいものだと認めてくれるような。


とにもかくにも、淋しいぞー!!って叫びながらひた走ってやるさ(笑)。




てかそろそろ調理師の勉強を再開しないとあと2週間ぐらいしかないじゃないか。
やる気失せてだいぶサボっちゃったからなぁ。
これで一発合格したら自分に惚れるわ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【 2011/06/02 14:22 】

| 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。