スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
加害者?被害者?
3月20日に放送されていた、地下鉄サリン事件を扱ったドラマを録画して観ました。
15年前といえばわたしはまだ8歳。

“オウム”、“麻原”、“サリン”という言葉は連日テレビで耳にした記憶が微かにあるけれど、
それがどんな事件だったのか、どういう人たちがやったのかは当時は深く考えるはずもなく・・・。

JWがカルト宗教であると分かり、そこから脱した今、ちゃんと知っておきたいなと思って観てみたわけです。


・・いやぁ、当然ながら重かった。苦しかった。
観てる間も、観終わった後も、泣けて泣けてしょうがなかった。


正直言うと、被害者と言われる人々よりも、実行犯たちに感情移入してた気がする。
想像できるんだもの。常識では考えられない残虐行為を、“神(麻原)の意志”と信じて実行した彼らの思考回路が。実行する直前になって、自分の中のもう一人の自分が「こんな事が本当に正しいのか?」と抵抗する様子。麻原への信仰と、理性が激しくぶつかり合う様子。「これは戦いなんだ」と言い聞かせて思い込ませて実行に踏み切った様子。

もはや正常な倫理観も常識も、逸脱した場所にいるんですよね。


オウム真理教のような過激で恐ろしい教団ではないにしても、
カルトというくくりではJWも同じ部類に属すると思うのです。あくまでも個人的に思うだけですが。

だからどうしても他人事ととして見れなくて。


15年たった今も、サリンの後遺症で苦しんでいる方々がいると同時に、あの教団に育てられた2世たちも苦しんでるでしょう。好きでそこに生まれたわけじゃないのに、オウム信者2世という十字架を背負って生きなきゃいけない。

でもねぇ、テレビではそんなところまでは描かれないんですよね。



なんだか、一般的には加害者として憎まれるべき存在のほうばかりに感情移入してしまう自分に、
それもどうよ?と思うんですけどね。あの事件で被害に遭った方がこんな文章読んだら、とてつもなく腹立たしいだろうな・・・。



それでも、カルトにハマり込む要素が誰にでもあることや、カルト被害者がたくさん存在することを、
世の中がもっと知ってくれたらいいのにと思ってしまうんです。






あ、でも、な~んにも考えずに脳みそからっぽでお気楽に活動してるようなJWは別ですよ。
そういう人々には激しい怒りを覚える。ふざけんなと思う。

・・・・こんな日記を書いた直後ですが、これからそんなお気楽JWと食事する予定です(爆)。
マレーシアに引っ越すというJW時代の友人から「最後に会いたい」と誘われて、さすがに断れず・・・。
彼女ともう一人、さらに輪をかけてお気楽な友人も一緒です。

はてさて、こんな心境で会って大丈夫なのか(汗)。
キレちゃったりしないかなぁ。アルコールは飲まないようにしなきゃ。間違いなく歯止めがきかなくなるっす。

久しぶりにセルシンでも飲んで、がんばってきます~。
んま、接客モードONにすれば、ニコニコでやり過ごせると思うんですけども。
またレポしますのでお楽しみに♪
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

【 2010/03/22 19:32 】

| JWネタ | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。