スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
れんあいこわい
前回の記事でなぜかハードルを上げてしまい、自爆気味のゆずぽんです(苦笑)。

ま、あまり力入れずつらつらと書いてみたいと思います。


今年の8月から、バイトを中華料理店の方に絞ってほぼ社員並みに働くことにしたわけですが。
新聞配達を辞めてこっち一本で働きたいと店長に希望したところ、突然、コクハクされたんですねぇ。いやほんと、突然ですよ。フルで入ると言っても週に二日は休みが欲しいとか、何時から何時まで入るかとか、そんなシフトの相談をしてる真っ最中にいきなり、「ほんなら付き合っちゃわへん?」みたいな雰囲気で。

・・・・なにが「ほんなら」なのかーーー!!!
いったいぜんたい、店長の頭ん中でなにがどうなってこんな発言が出たのか、さっぱり分からず、しばし絶句。何が起こったのか理解するのに数秒を要しました(^^;)。

いやなんか、前々から好かれとったみたいなんですね。
そういやぁ普段からわりと「ゆずぽんちゃん大好きやわ~。」とかよく言ってたけど、ノリっていうか冗談半分っていうか、そんなん本気だなんてまず思わないじゃないですか。てか本気だったらそんな軽いノリで好き好き言わないでしょう。

だからずっと、「またおっさんがなんか言ってるわw」ぐらいに考えてたんですね。


それが、“マジ”だったといきなり言われましてもですね。
心の準備もできてないし、ましてそんな対象に見られてるなんて全く思いもしてないし。
だって、ただのバイトっすよ!?あっちは店長っすよ!? 14歳も離れてるんすよ!?

ありえないありえない。



こんな状況に陥るとは、まったくもって予想してなかったため、本気で卒倒しそうになりました。
普通なら思考停止して何も言えなくなって延々黙り込んでしまってたでしょう。
しかしそこは店の中。お客さんが来れば普通に仕事しないといけません。ここで沈黙して気まずい雰囲気にしてしまうわけにはいかない。幸い仕事のスイッチが入ってる時は、いつもみたいに深く考えずに言葉が出てくるようになってるので、なんとか「えー!!それ本気ですか!?ちょっと待ってくださいよー。いきなりすぎますよーw」てな感じで切り返せたんですけど。


その後の心境は今となってはあまり覚えてないんですが、とにかく頭ん中カオス、カオス、カオス!



超生真面目にJWをやってきたわたしは、今までに恋愛経験が全くありません。
兄弟に告白したこともなければ、されたこともないし。携帯でのやりとりなんてのも皆無。
そもそも「あの兄弟ステキ(はぁと)」なんて気にもなったことない。つまりは初恋もまだなのです。

“恋愛は悪”・・・この考えが強力にインプットされてます。
聖書ってとにかく異性関係でいい話ってほとんどないじゃないですか。
アダムもエバに唆されたし、ディナも気を許したせいで犯されたし。ダビデの失敗も異性関係。

そんなこんなで、男性をそういう目で見ることすら悪いことであると思い込んでた。


JWを離れて2年弱。恋愛が悪いことだ!という考えはさすがになくなってきたけれど、
それに代わって恐怖心がどんどんと膨れ上がってきた感じ。23歳で男性と付き合ったことがないなんて、今やめちゃくちゃ珍しいわけじゃないですか。まして、人を好きになるという感覚すらも分からない。そんな自分がこの先、誰かと恋人になって結婚できたりするんだろうか・・・?と。

恋愛だとか、セックスだとかへの嫌悪感や罪悪感や恐怖心・・・これが消える日は来るんだろうか?

今のところ、全く来ない気がします(^^;)。
やっぱ思春期に見せられまくった「若い人は尋ねる」系のDVDの影響力は半端ねえっすわ。


恋愛は恐い。男は危険。


・・・はぁ~~~。マジで、くそくらえだあんなDVD。




ああ、店長の話から脱線しまくっちゃいましたね。
てかもはや店長とかどうでもいいですからね。こちとらそれどころじゃねえんだよ!と。
そもそも眼中にねえんだよ!!と。

なんて言いつつ、先日のテレビ取材に乗じてはっきり答えを出すまでに相当悩みましたよ。
なにをそんなに悩んだのか、そこんとこの心境はまた次回へ続きまーす。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/11/13 00:28 】

| JWネタ | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。