スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おもひでぼろぼろ ~これがピークだ!~
長老は信用できないし、母は頼りにならないし(^^;)、心を許せる友達はいないし、
で、1人で頑張るしかないのか・・・と思い始めたゆずぽん。

ちょうどその頃、大きなイベントが開催されました。
そう、国際大会です。

確か2004年の10月だったでしょうか。場所は神戸のウイングスタジアム。
うちの会衆はぎりぎりで、国際大会に参加できるゾーンに入ってたみたいで。
参加できるという発表があってから、おばさん姉妹たちは大興奮。
「わたしたちの会衆は選ばれたのよ!」みたいな空気も流れて、大盛り上がりでした。

わたしはといえば、ワールドカップで使用されたスタジアムに入れるんだ!という部分にテンション上がってました(笑)。


今となっては国際大会がいかに感動的だったかなんて、もう覚えてないんですが・・・。
その時はたぶん、盛り上がったんでしょうなぁ。チマジョゴリ着てる韓国人とか、外国人がたくさんいるんだもの。それだけでも、意味もなくテンション上がっちゃうでしょう。あと、講演もいつもの顔ぶれとは違って、統治体の兄弟とかが登場しましたしね! 誰だっけなぁ。なんとかバード兄弟だっけ?黒人の。期待したけど、別段変わり映えのしない話だったと思います。


で、まあ国際大会自体は別にたいしたことじゃあなかったんですけど。
ここで、彼女に出逢ったわけです。

そう、このブログにも兄のブログにもちょくちょく登場するH姉妹。
となりの会衆ながら話したこともなかったんですが、たまたま偶然、国際大会中4日連続で同じ時刻同じ電車に乗り合わせまして。凄まじく社交的な姉妹の勢いに押されて、4日間とも同じとこに座って一緒に過ごしました。

これを機に、お互いの家を行き来するまでに仲良くなり、今もほぼ唯一付き合いのある姉妹です。


このH姉妹というのが、本当に今まで全く会ったことの無いタイプでして。
びっくりするぐらい人懐こい、飾らない、開けっぴろげ、まわりを気にしない・・・。
自分にないものばかりを持っている人で、会った瞬間大好きになっていました。

まわりの評価ばかりを気にして、模範的な2世を演じることに必死になっていた自分にとって、
まさにお手本にしたい自然体の人だったんですよね。

18年間のJW生活で、初めてできた本当の友達でした。
実はこの大会の少し前から、「心から信頼できる友ができますように」と祈りまくってたんですね。
なので、まさしく、祈りが聴かれたんだ!!と思ったわけです(苦笑)。


これをきっかけに、「やっぱり人との繋がりも大切なんだ」と思うようになり・・・。


それから数年後、会衆にまた新たな長老夫婦が引っ越してきました。
今度は若いご夫婦。兄弟はなかなかのイケメンです。

H姉妹との出会いにより対人関係に積極的になったゆずぽんは、いち早くご挨拶しにいきました。
別にイケメンだったからではないですからね、ほんとですってば。

で、これまたすっかり意気投合。それまで見てきた長老にはいなかったタイプで、
気さくで面白くて笑い方が豪快で、若くてイケメン(やっぱりそこか!)。
パソコンでの仕事を生業にしてる方だったので、ネットとかの話もできるし、映画好き本好きという共通点もあったりして。こういう話ってあまりおじさん長老とはできないでしょ? なので、すごく嬉しかったんですねぇ。

当時やってた自分のサイトのアドレスも、この兄弟にだけ教えちゃいました・・・。

はい、案の定このことが後々仇となります(^^;)。
これに関してはまた次回の記事で触れることになると思います。



そんなわけで、友人が出来、仲の良い長老ファミリーも出来たゆずぽん。
集会も楽しくなり、伝道者復帰を目指して奉仕に励むようにもなりました。

会衆内ではこの頃からベビーラッシュの始まりで、上記の長老夫妻に女の子が誕生し、
もう1人別の長老夫妻のところにも誕生し・・・。(現在では10人弱の乳幼児がいるはず)。
子供好きだったゆずぽんには、保母さん的な役割も加わってますますJW世界へまっしぐら。


さてさて、そろそろ現在へと近付いてまいりました。
ここまででだいたい19歳頃でしょうか。


次回、運命の二十歳を迎えます。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/03/19 20:36 】

| JW回想録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。