スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
自己満ですけど何か?
改めて先日の結婚式の話。


ぶっちゃけ、人の幸福なんぞを一緒に喜べるほど心にゆとりもないもんで、
終始、無感動でございました。サイテー。人としてサイテー。超腹黒。

生きててすいません。



それにしても、やっぱり日本人がチャペルで結婚式すんのは違和感ありますねぇ。
わりと本格的で、牧師は外国人だし賛美歌歌うシスターみたいな人がいるし・・・。
「うおっ牧師アゴ割れてるよ!」とか思って1人笑いを噛み殺しておりました。

何かというと祈りを捧げてましたが、日本語カタコトな上に時折英語を織り交ぜるので、
うちの親戚なんかは後日、「牧師の話長かったー、何言ってんのかさっぱり分からんかったー。」
と罰当たりなことを言っておりました。牧師さんもおばちゃんの前では形無しですな。

いやでもほんと、神の御前で結婚の誓いを・・・とか、神の祝福を願って共に祈りましょう・・・とか、
日本人にはさっぱり馴染みがないと思うんですけどね。

誰一人「アーメン」と唱和しないしね(^^;)。
条件反射的に何度か一緒にアーメン言いそうになりました。

元JWなめんなよぉ!とかわけのわからぬ対抗心で、賛美歌は思いっきり歌ってやりました。


チャペルでの儀式が終わって、待ちに待った料理ですよ料理!
これだけが楽しみで、頑張って振袖も着てきたんですよ。

んが、予想外の不味さ・・・。

でっかーい皿にちんまりと載ってるのは許せるとして、この味はどうよ!!
なんなのよ! なめんじゃないわよ。

マジ、テンションだだ下がり。
料理がダメなら何のために来たのか分からない!(結婚祝うためだよっ)。


いやはや、あんなもんなのですね。
映画も料理も、過剰な期待は禁物ですね(TT)。よ~く分かりました。

そんなこんな言いつつ根性で出されたものは全部食べましたが、
振袖のせいで何度かリバースしそうになってました。入っていかないんだもの。



・・・・・、見事に文句ばっかですね。
どんだけ性格悪いねん。

いやまあ、悪ぶってますけどもね、ちょっとぐらいは感動しましたよ。うん。ほんとに。

スエナガクオシアワセニ。



振袖はしんどかったですけど、いい経験になりました。
たまにはあんな風に着飾って、チヤホヤされるのも良いかもね~。

成人式には参加すらしなかったので、この機会に写真撮りまくりました。

振袖(後姿)  振袖(母と)

めっちゃくちゃ生活感漂う背景でお恥ずかしい(笑)。
明治の牛乳BOXがミソですな。


分かりにくいかもしれないですが、髪の毛はありえないぐらい盛られてます。
地毛なんですけど、普段では考えられないほどの盛りっぷり。
こんな髪型したことないので、すごい新鮮でした。
スタイリング途中でサザエさんチックになった時は超不安になったけど(笑)。

苦しかったけど、もう一回ぐらい違う振袖着てみてもいいかななんて思いました。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/09 20:56 】

| 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。