スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
言ってるおいらもヘタレです
くそぉぉぉぉぉうっっ!!!!(ジャック・バウアー風に)

全っ然更新できんではないか。
早く続きを書きたいのに!

昨日張り切って書こうと思ってたら、またまたバイト先の先輩から「子供が熱出したから代わって~。」なんて電話が入り・・・。その後すぐ店長から「急にごめんなぁゆずぽんちゃん。頼りにしてるで~。」なんて電話が入り。

てめぇら揃いも揃ってなぜそうただのバイトに頼るのかっ!

「代わって」と言われると絶対断れない自分も悪いんだが(^^;)。

だってさ、そんなガッツリ予定が入ってることなんてないんだもんよ。
あ、今日休みだ映画観に行こう~(ひとりで)ぐらいなもんでさ・・・。


“ゆずぽんはいつでも断らずに来る”という法則ができてしまってる気がします。
他のバイトと使われ方が違いすぎる気が・・・。

んまぁね、今のご時世、重宝してもらえるだけでありがたいことだと分かってはいるんですけどね、
もうちょっと社員と店長がしっかりしていてくれると「彼らのために頑張ろう!」って気になるんだけどなぁ。

つうかこの風邪やら子供の熱やらでよく休む先輩社員は5月一杯で辞めるそうですよ。
まだ店長に言ってないらしいですよ。早く言えって。
求人が間に合わないだろぉぉぉ!!!(怒)


なんて、バイト行く前に憂さを晴らしてみました。
お目汚しすいません。

さっゴキゲンで仕事してこよっと。給料日だし♪
昨夜、発泡酒を一本呑んじゃってちょいと不調だけど。←弱すぎです。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/31 10:39 】

| 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~すべてを捨てて~
いよいよ、現在に近付いてまいりました。
ここからの出来事は、つい2,3年前のことなんですねぇ。
なんだかすごく以前のことのような気がします。

不思議と、現在に近付いてくるにしたがって記憶を辿るのが難しくなってきました。
ぐちゃぐちゃとしていて、なかなか適当な文章が思い浮かばない。

そんなわけでちと纏まりのない文章になるかもですが、あしからず。


会衆内でやっと居場所を見つけ始めた頃。
ちょうど、二十歳になる年でした。

奉仕は相変わらず苦手で、いつもお腹痛くなりながらやってましたが(^^;)、
それでも場数を踏んでもう少し度胸がついてきたら、伝道者に復帰しようと考えていました。

ずっと母とペアで奉仕していたんですが、ある時、長老が母に言いました。

「ゆずぽんさんが二十歳を過ぎたら、親と奉仕することはできないんですよ。」

なんでも、二十歳になった時点で伝道者でない場合は奉仕に出る資格はないんだと。
未成年ならば伝道者でなくても親の連れってことでOKなんだけど、成人したらダメらしい。
ここらへん、いまだによく分からないシステムなんですよねぇ・・・。

“資格”ということで考えるなら、幼稚園児や小学生の子供よりも、成人した研究生の方がよっぽど、資格あると思うんですけどね。知識の点でも言語能力の点でも。小学生が研究司会するのはアリで、大人の研究生が奉仕するのはNGって、意味が分からない。


まあしかし、悲しいかな長老が言うことは絶対ですからね。
仕方なく、二十歳の誕生日の翌日から奉仕には参加できなくなりました。
せっかく慣れてきたのに、またもや“振り出しに戻る”ですよ。

あ、ちなみにこの長老は前回の記事で書いた仲良くなった長老兄弟ですね。
Y兄弟と呼ぶことにします。

で、このY兄弟はたびたび母親に、「ゆずぽんちゃんならもう伝道者になる資格を十分備えてると思うのですが、どうですか?」と勧めてくるようになりました。プレッシャーにならないように気を使ったのか、直接言われたことはなかったですね。

そこまで言われたら、もうなるしかないじゃないですか。
早く奉仕に出ないとまた慣れるまでに時間がかかる、でも伝道者にならなきゃ奉仕に出れない。
こりゃ一種の脅迫ですよね(^^;)。とにかくブランクをあけてまた一から奉仕に慣れる・・・というのがどうしても嫌だったので、半ば焦って伝道者へ復帰することを決意したわけです。


数週間後、その旨を、群れの集会の時に司会者だったY兄弟に母が伝えました。
そういえばここらへんのやりとりはずっと母とY兄弟の間で行われてたんですよね。
なんで直接じゃなかったのかなぁ?と思ったんですが、あれか、母親としてというよりは研究司会者として長老と話し合うという構図だったんですかね。それだと研究生であるわたしは交えないですね。

まあとにかく、母がY兄弟に伝えてそれでOKだと思ってたんですよ。
そもそも勧めてきたのは兄弟の方からですしね。


しかーし! 集会後に外で母と長老が話してるのをわたしは遠目に見ながら待ってたんですけど、これがなっかなか終わらないんですよ。「ゆずぽんが伝道者になりたいそうなんです。」「そうですか!それは良かったですねぇ姉妹!」てな感じであっさり終わるもんかと思ってたのに、終わらない。しかもなんか2人とも超深刻そうな顔をしている・・・。

いやぁ、あの待ってる時間の長かったこと。
なんか嫌な予感はするけど全く心当たりがなく、なぜ話が長引いてるのか不思議で不思議で。

20分ぐらいでしたかねぇ。
やっと話が終わり、一応普通に「さようなら~。」と挨拶を交わし、帰り道。
「兄弟、なんだって?」と何度も聞くわたしに母はなかなか答えない。重い口を開いた母が話したY兄弟の言葉はこんな感じの内容でした。


「ゆずぽんちゃんがやっているサイトは、エホバの証人としてふさわしくない。個人的に趣味として楽しむ分には何も言えないが(良心の問題ってことですかね?)、ネットを通じて外に向けて積極的に発信してるという行為は良くない。自分は長老として、ゆずぽんのサイトの存在を知っていながら、見過ごすことはできない。なのでその行為を改めない限り伝道者復帰を認められない。」

この内容、わたしは直接聞いてないので、今母親に詳しく聞いて書いたんですけど、見事に2人して思い出し泣き(苦笑)。いやぁ、これが長いJW生活の中で一番キッツイ記憶なんですよねぇ。で、当時のわたしに、母がかなりオブラートに包んで話してくれてたんだなぁと今になって知りました。

それでも当時の自分にとっては、本当にどでかいショックでしたね。
サイトを教えるというのはある意味、自分を曝け出すことで、本当に信頼してる人にじゃないとできないんですよね。特に人間不信気味な自分にとっては、ものすごく大きな意味を持つことで・・・。それをY兄弟は見事に裏切った(と感じた)。すでにその時点で大打撃。

サイトに関しては確かに『ヒーロー日記』てな題名で、毎週観ていたヒーロー番組のレビューを書いたりしてたけどさ、“外に向けて発信”なんてそんなたいそうなもんじゃないわけですよ。ただの感想文と日記で、訪問者だってほとんどいないようなね。


いやまあサイトの内容がどうこうじゃないんだろうけど。
とにかく「やめろ」と、ただそれだけのことなんだろうけど。


しかし前も書いたけど、もはやヒーローものはアイデンティティーそのものだったので、それを捨てろというのは自分を捨てろと言われたも同然。自分の存在を全否定されたも同然。

家に帰ってからも、ショック状態は治まらなくてなんだかもう頭ン中がぐちゃぐちゃで。


・・・自傷行為って、なぜそうしたくなるのかそれまで全然理解できなかったんですが、その時初めてフっと分かったような気がしたんですよね。初めて、自分の中の自分を殺したいと思った。悪い自分がこの中にいるのなら、全部流し出してしまいたいと思った。まぁ結局恐くて実行には移せなかったんですけどね。

にしても、あんな衝動に駆られたのは後にも先にもこの時だけでした。


こんなふうになりながらも、マイコンの恐ろしさで、数日経つとだんだん兄弟の言ったことを正しいと思うようになってくるんですよね~。「確かに、自分の中でヒーローものの存在が大きくなりすぎてたかもしれない。エホバを第一にすることを行動で示す絶好の機会なのかもしれない・・・」なんてね。



んなわけで、2006年10月に6年間続けたサイトを閉鎖しちゃいました。
よく行き来のあったサイトさんへの挨拶回りは辛かったなぁ。理由なんて書けないしね(汗)。

そんでもってその月に伝道者復帰の討議を行いました。これがまた酷くて! 司会はY兄弟ともう1人だったんですが。組織の本に伝道者になる人向けの質問がいくつか載ってるじゃないですか。あの中のイザヤの聖句、あの「剣をすきの刃に・・・もはや戦いを学ばない・・・」ってやつを読まされてですね、「この聖句を読んでゆずぽんさんはどのように当てはめたいと思われますか?」なんて聞いてくるわけですよ。Yの野郎が。事情知ってるくせに、そ知らぬ顔で。

あ~、ハラワタ煮えくり返る。

てか成人した大人に、ヒーローもの=イザヤの聖句でダメ出しって、バカにしとんのか!
幼稚園児までだろ、その定番が通じるのは。


まあとにもかくにも、今思えばとてつもなくバカバカしいことに、
すべてに模範解答を返したゆずぽんは晴れてこの討議で伝道者復帰が決定。
集会で発表されて、「良かったわね~!」「おめでとう~!!」なんてみんな言ってくるが、どいつもこいつも「え、まだ伝道者じゃなかったの?」「その歳でまだ伝道者?」っていう本音が見え見え。

そんな視線に若干カチンと来つつも、“やっとエホバを第一にできた”という達成感を覚えてました。



でもね、どこかに、自分の大事なものが全部余計なもの(悪)で捨てるべきものならば、自分は自分でなくてもいいんじゃないか、と。身包み剥がされて何も残らないんなら、誰でも同じなんじゃなかろうかと。エホバはわたしの何を愛してるんだ? 会衆のみんなはわたしの何を愛してくれるんだ? わたしの“信仰心”だけか?? そんな腑に落ちない感情がありました。

でもそれすらも余計な感情。
それすらも捨てて、一心不乱にエホバに仕えるべきなんだと、そうやって納得させてましたね。


そんな感じで見事にカラッポになったゆずぽん。
ほんっとにエホバの証人以外、生きる道はないという状態になってしまいました。


ついにJW人間と化してしまったゆずぽんに、最後で最大の事件勃発!!
次回、やっとこ最終回=メインテーマを迎えられそうです。

果たしてちゃんと書けるのか~??

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/24 23:48 】

| JW回想録 | コメント(4) | トラックバック(0) |
いつだって準備は万端
さてさて、『ファン・スタイル』のファルコンさん主催のお花見オフが近付いてまいりましたね。

・・・って、書いてなかったですが、今回も参加させていただくつもりです!
いやね、オフ会のお知らせが上がったころはちょうど気分的に“閉じてる”時でして、
今回は見送ろうかなぁと思いつつも、でもたぶん行ってみたら楽しいんだろうなぁどうしようかなぁと
悩んでおりました。一月後ぐらいに結局、行くことにしたんですけどもね。

で、ただいま見事に“開いて”おります!
ゆずぽんは今、絶賛オープン中でございます。誰でもウェルカムです。
今なら誰とでも仲良くなれる気がします。

ええ、きっと気のせいです。

仲良くなれるなれないは別にして、とにかくオープン状態がオフまで続くよう祈るのみ!
あと2週間か・・・。びみょ~だな(爆)。


メンタル面はなかなか思うようになりませんが、準備だけは万端にしとこう!ってことで、
今回もまたオフ会場下見に行ってまいりました。

1人で住吉公園までね。

暇人だとか言わないの~~~(ヒメちゃん何気に好きっす)。


昨日行ってきたんですけど、めちゃくちゃ暖かくてピーカンで気持ちよかったですよ~。
全くの初めて行く場所でしたが、迷わずたどり着けました!
そうなんですよ、本来のわたしは迷ったりしないんですよ。ちゃんとたどり着けるんですよ。

ただ、当日はテンパってて迷うだけなんです。
決して方向音痴なんかじゃないんです。


しかし初めて行くとこだっつうのに行きと帰りに一回ずつ道を聞かれました。
「この電車って住吉大社止まります?」とおばちゃんに聞かれたんだけど、「いやわたしも初めて行くとこなんですけど、どうなんですかね~??」なんて言ってる間に、普通電車を見送ってしまい・・・。結局次の普通電車来るまでおばちゃんと2人で15分待ちぼうけですよ。

こういう場合、おばちゃんという人種はたいてい世間話をしてくるじゃないですか。
ところがそのおばちゃん、超無口! それ以降全然しゃべってくれないの。
寂しいったらありゃしない。無口なおばちゃんも存在するのか!とショックでしたよ。


そんなこんなありましたが、無事たどり着きました。住吉公園。
住吉公園

12時ちょっと前ぐらいに着いたのですが、結構人がたくさんおりました。
家族連れが多かったですかねぇ。


桜はといえば、もちろんまだ全然咲いておりませんでした。
桜(蕾)

ほとんどがこんな緑の固い蕾だったんですが、ほんとにチラホラといくつかこんな蕾も。
桜(咲きかけ)


満開の時期に行くのが俄然楽しみになってきましたね。
あとは晴れることを祈るのみ。


というわけで、今回も下見はばっちりです。

・・・・・ちなみに、場所ってここで合ってますよね?
実は住吉公園が2つあったりしませんよね?
ここでいいんですよね!?


下見に行っても結局不安を拭いきれないゆずぽんでした。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/03/20 18:11 】

| JWネタ | コメント(4) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~これがピークだ!~
長老は信用できないし、母は頼りにならないし(^^;)、心を許せる友達はいないし、
で、1人で頑張るしかないのか・・・と思い始めたゆずぽん。

ちょうどその頃、大きなイベントが開催されました。
そう、国際大会です。

確か2004年の10月だったでしょうか。場所は神戸のウイングスタジアム。
うちの会衆はぎりぎりで、国際大会に参加できるゾーンに入ってたみたいで。
参加できるという発表があってから、おばさん姉妹たちは大興奮。
「わたしたちの会衆は選ばれたのよ!」みたいな空気も流れて、大盛り上がりでした。

わたしはといえば、ワールドカップで使用されたスタジアムに入れるんだ!という部分にテンション上がってました(笑)。


今となっては国際大会がいかに感動的だったかなんて、もう覚えてないんですが・・・。
その時はたぶん、盛り上がったんでしょうなぁ。チマジョゴリ着てる韓国人とか、外国人がたくさんいるんだもの。それだけでも、意味もなくテンション上がっちゃうでしょう。あと、講演もいつもの顔ぶれとは違って、統治体の兄弟とかが登場しましたしね! 誰だっけなぁ。なんとかバード兄弟だっけ?黒人の。期待したけど、別段変わり映えのしない話だったと思います。


で、まあ国際大会自体は別にたいしたことじゃあなかったんですけど。
ここで、彼女に出逢ったわけです。

そう、このブログにも兄のブログにもちょくちょく登場するH姉妹。
となりの会衆ながら話したこともなかったんですが、たまたま偶然、国際大会中4日連続で同じ時刻同じ電車に乗り合わせまして。凄まじく社交的な姉妹の勢いに押されて、4日間とも同じとこに座って一緒に過ごしました。

これを機に、お互いの家を行き来するまでに仲良くなり、今もほぼ唯一付き合いのある姉妹です。


このH姉妹というのが、本当に今まで全く会ったことの無いタイプでして。
びっくりするぐらい人懐こい、飾らない、開けっぴろげ、まわりを気にしない・・・。
自分にないものばかりを持っている人で、会った瞬間大好きになっていました。

まわりの評価ばかりを気にして、模範的な2世を演じることに必死になっていた自分にとって、
まさにお手本にしたい自然体の人だったんですよね。

18年間のJW生活で、初めてできた本当の友達でした。
実はこの大会の少し前から、「心から信頼できる友ができますように」と祈りまくってたんですね。
なので、まさしく、祈りが聴かれたんだ!!と思ったわけです(苦笑)。


これをきっかけに、「やっぱり人との繋がりも大切なんだ」と思うようになり・・・。


それから数年後、会衆にまた新たな長老夫婦が引っ越してきました。
今度は若いご夫婦。兄弟はなかなかのイケメンです。

H姉妹との出会いにより対人関係に積極的になったゆずぽんは、いち早くご挨拶しにいきました。
別にイケメンだったからではないですからね、ほんとですってば。

で、これまたすっかり意気投合。それまで見てきた長老にはいなかったタイプで、
気さくで面白くて笑い方が豪快で、若くてイケメン(やっぱりそこか!)。
パソコンでの仕事を生業にしてる方だったので、ネットとかの話もできるし、映画好き本好きという共通点もあったりして。こういう話ってあまりおじさん長老とはできないでしょ? なので、すごく嬉しかったんですねぇ。

当時やってた自分のサイトのアドレスも、この兄弟にだけ教えちゃいました・・・。

はい、案の定このことが後々仇となります(^^;)。
これに関してはまた次回の記事で触れることになると思います。



そんなわけで、友人が出来、仲の良い長老ファミリーも出来たゆずぽん。
集会も楽しくなり、伝道者復帰を目指して奉仕に励むようにもなりました。

会衆内ではこの頃からベビーラッシュの始まりで、上記の長老夫妻に女の子が誕生し、
もう1人別の長老夫妻のところにも誕生し・・・。(現在では10人弱の乳幼児がいるはず)。
子供好きだったゆずぽんには、保母さん的な役割も加わってますますJW世界へまっしぐら。


さてさて、そろそろ現在へと近付いてまいりました。
ここまででだいたい19歳頃でしょうか。


次回、運命の二十歳を迎えます。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/03/19 20:36 】

| JW回想録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
“生”樋口了一さん!

先日、樋口了一さんのインストアライブに行ってきました。

樋口了一さんといえば、もともと北海道のローカル番組ながら、今や全国区で人気番組となった『水曜どうでしょう』のテーマソングを歌っておられるミュージシャンです。

ちなみにわたしのどうでしょうファン暦はかれこれ3年ぐらいでしょうか。
DVDもほぼ全部集めてます(笑)。4月に発売の新作が待ち遠しい~。
どうでしょうについてはまた、機会があれば記事にしたいと思ってます。


で、樋口さんですよ。
ファンというわけではなくて、ほんとにどうでしょうの歌ぐらいしか知らなかったんですが、
たまたま地元のマ○カルでインストアライブが開催されるってことで行ってみました。
生のライブは初めての体験です。

樋口了一さんライブ1



樋口さん2




150人ほどの席なので、結構近くで生の樋口さんを見ることができ、感動でした。
で、生で拝見して気付いたんですが、なんとなくうちの父に似てるんですよねぇ。
一気に親近感が湧いてしまいました。

間近で聴く樋口さんの歌声はやはり素晴らしかったです!
心に染み渡ってくる感じで、とても心地良い歌声でした。
あと、思ってたとおりとても良い人で、ライブ開始40分前ぐらいから登場してくださって、
挨拶とちょっとしたトークをして下さいました。普通リハーサルってちょろっと出てきて音のチェックとかするぐらいじゃないですか?

トークを聞いててもほんとに気さくで、面白い人で、なんだか大好きになっちゃいました♪


今回のメインは新曲の『手紙 親愛なる子供たちへ』という曲だったんですが。
この曲はなんか、すごいです。リアル過ぎるぐらいリアルな言葉が心に刺さってくるような。
でもとても優しい気持ちになれる、そんな曲でした。

ま、試しに聴いてみて下さいな。



最後にはご存知『水曜どうでしょう』テーマ曲、『1/6の夢旅人 2002』を披露してくださいました!
観客の半数ぐらいはどうでしょうファンだったようで、ノリノリで一緒に歌ってました。
かく言うわたしもその1人で、恥ずかしげもなく大声で歌ってしまいました・・・。

ライブ終了後は握手会とサイン会もありまして、夕刊配達の時間に間に合うかどうか危ういとこだったんですが、根性で並んでちゃんとしてもらってきました!

汗で濡れる手を必死で拭いながら、握手してもらいました(苦笑)。
樋口さんの手、なまら温かかった~(>▽<)。

サインも購入したCDのジャケットに↓
樋口さんのサイン サイン2

いやはや、本当に楽しかったです。
インストアライブってのは良いもんですね~。無料であんな充実した時間を過ごせるなんて。

また気になる人のライブがあったら、行ってみようと思います(^^)。


あ、そういえばこのライブ、『みのもんたの朝ズバッ!』が撮影に来てたんですよ。
いつ放送なのか分かんないんですが・・・、てか放送されるかすら怪しいけど。

一応明日の放送は録画しとこうかなぁ。観客席にチラっと映ってるかもしれないので(笑)。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【 2009/03/15 23:50 】

| 音楽 | コメント(4) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~悪魔襲来~
このシリーズもついに第5話目ですか。
思いのほか長々と続いてしまってます。
“兄からの説得を受けた時の心境”を書くための前振りのはずだったんですが(^^;)。

書いてるうちに、記録しておきたいことがどんどん増えてきちゃいまして・・・。



ではでは、前回からの続きいっきまーす。

吸収合併により一度は離れかけたゆずぽん。
しかしC姉妹との出逢いによりまたもや盛り返してしまいます。
C姉妹と一緒に聖書通読なんかも始めて、日曜日の集会後に1週間通読した中で感動したところや調べたところを報告し合うという、お約束な展開になっておりました。

そんなこんなで、今度こそこのままバプテスマか!?というところまで行ったのですが、
ここでまたもや、邪魔が入ります。なんか知らんがいっつも邪魔が入ります(笑)。


この度の邪魔は、必要で入ってきた特別開拓者のご夫婦でした。
それまでのうちの会衆の主宰はどうにも頼りない感じで、存在感の薄い兄弟で、
主宰がそんなだと当然、全体的に長老達が目立たない・・・という状況になってました。

そんなわけでその特別開拓者の兄弟が、新たに主宰監督となったわけです。


これが、悪夢の始まりでした。


姉妹の方は別に無害だったんですが(それでもあんま好きくなかったですけど)、
兄弟の方が、それはもう酷い人で!!

思いつくままに表現しますと、傲慢、粘着質、蛇っぽい、イヤミ、ドS、キモイ・・・(以下自粛)。
気の弱い人や、精神的に脆い人なんかはこの兄弟の牧羊プレイによく泣かされておりました。
かく言うわたしと母親も被害に遭った口です。


兄弟が移動してきてまだ間もない頃、「お話ししたいことがあるので集会後に時間を取って下さい」
ということを群れの司会者伝いに言われました。
で、集会後、その日使用してなかった3階の会場に母と2人で向かったわけです。
群れの司会者からは、「そんなたいした話じゃないと思いますよ~。」とか言われてて、さほど構えてなかったんです。うちの家庭環境でもリサーチするつもりかなぁ程度にしか思ってなかった。


それがフタを開けてみれば、そんな生易しい話題ではなく・・・。
細かいことは覚えてないですが要点だけを挙げれば、たしかこんな↓内容だったと思います。


●子供の研究を司会するのは親の義務であるのに、なぜゆずぽんは他の姉妹と研究しているのか

●他の姉妹の援助を受けれるのは、親にその義務を果たす力量がない場合だけである

●お母さん姉妹にはその力量がないのか

●とっつきやすい本1冊→『知識の本』→バプテスマが正規のルートなのに、
 ゆずぽんはいつまで別の本をぐだぐだ勉強しているのか。必要な知識はすでに学んでるはず。

●最後に、6ヶ月奉仕報告を提出していないからゆずぽんは伝道者失格である


要約すればこんな内容のことを、回りくどく、下手な喩えなんかを交えながらくどくどとしつこくネチっこく、たしか30分ぐらいの時間をかけて話されました。終始口元はニヤニヤしてるのに、目は全然笑ってなくて、あのなんとも言えない意地悪な表情は忘れられないですね。

なんだろう、この兄弟にとっては家庭環境がどうだとかその人の性格だとか精神面だとか、
そんなことはどうでもいいんですね。どこまでも実力主義で、合理主義?っていうのかな。

改めて読み返せば、間違ったことは言ってないんですよ(^^;)。
正論すぎるぐらい、正論なんです。でもそこには思いやりも気遣いも全くない。
余計な感情は全部削ぎ落として正論だけをぶつけてくるんです。


その時も、正論だということは分かってるから反論のしようもなくて、頭ん中と心ん中はグチャグチャのパニック状態になりながらも、その場で泣くことも項垂れることも悔しくてできなくて、「そうですね、はい、分かります。」と返事をするので精一杯でした。

悪夢のような空間からやっと解放されて、王国会館からの帰り道。
堪えに堪えてたものがどーーーっと溢れ出してきて・・・。

母は、その時初めて、「もう(JWを)やめようか。」と言ったんです。
母も相当なダメージを受けたんでしょうね。自分のJW人生を軽く否定されたようなものですから。


今思えば、あの時にやめとけば良かった。
でも、その時は「ここで負けたらいけない、母を支えなきゃ!」と思ってしまったんですね。
「確かに兄弟の言い方は酷かったけど、それでもエホバが選んだ長老なんだよ。わたしたちには分からないけど、エホバには何か考えがあって選ばれたんだよ。人間的な見方で、つまずいて離れてしまったらサタンの思う壺だよ。」と、そんなことを自分に言い聞かせつつ繰り返してました。


いやぁ、ほんとにまさしくマイコンされてる人の言葉ですね(苦笑)。
傷つけられたのは自分で、傷つけたのは兄弟なのに、それが事実なのに、
傷付いた自分が悪い、兄弟には傷つけるつもりはなかったはず、兄弟に否はない、となるんですね。


エホバから任命された長老の言うことなんだから正しい。
傷つけられたり不快な思いをさせられたとしたら、長老も同じ人間で不完全だから仕方ない。

・・・なんですか、この超勝手なシステムは。

思えば統治体も同じシステムですよね。
神の導きを受けてるから、組織の指針は正しい。命かけてでも従うべし!
でも不完全だからたまぁに間違うこともありますよ。しょうがないよね。


あ~、考えれば考えるほど、ムカついてきます(TT)。



話が逸れてしまいましたが、とにかく、そんな絶好の“やめ時”も逃してしまい(^^;)。
負けず嫌いなため、落ち込んで集会を休むのもシャクなので、ますます休まず行くようになりました。

しかしあの日以降、その長老のことは恐くなって顔を見るのも声を聞くのも嫌で仕方なかった。
主宰ですから、演壇に上がる頻度が高いので否応なく声を聞く羽目になるのが苦痛で苦痛で・・・。
ものみの塔は主宰が司会するので、注解がしばらく全くできませんでした。

そんでもって順調だったC姉妹との研究も、半強制的にやめる羽目になってしまいました。


それから、母と研究するようになったのですが、やっぱり親との研究は難しいんですね。
遠慮する必要がないので、気になることをガンガン質問するんですが、納得のいく答えはさっぱり返ってこない。

質問の内容は、イエスの購い、宇宙論争、自由意志についてなどなど。
C姉妹との研究で言いくるめられた点も、この頃にはやっぱりまた納得いかなくなってたんですね。


“自由意志”というのは、本当に分かんなくて、一体なにが自由なの?と。
「エホバの証人にならなきゃ死にます。でも選ぶのは自由です。」・・・どこが自由なのー!
「エホバの証人にならなくても生きる道はあります」という選択肢があって初めて自由でしょう。

ここらへんの問題は洞察なんかにも全然納得いく説明がないし、母もよく分かってないみたいだし、
もう母と研究しててもイライラするばっかりで。こんなことも分かってない人に、何で研究されなきゃいけないんだ!みたいな。てか自分で始めた宗教なんだから、ビシっと説明できなくてどうするよ!!という怒りが芽生えてきました。


思えば、例の主宰監督との一件で落ち込んで「もうやめよう」と言い出した母を励ました時から、
なんとなく「自分の方が信仰があるんじゃないか?」とか思い始めたような気がします。
立場が逆転したっていうか。

“もう誰にも頼らず自分で頑張るしかない”と気付いたというか。


それが17,8歳のころでしたかね。
そこから、自分とエホバとの関係に重点を置くようになって、横の繋がりなんか必要ないと思うようになりました。無理に仲良しを作る必要もないし、無理に交わりに参加することも必要ない。

長老という存在に関しては、敬意は払いつつもあまり関わらないようになりました。
個人への期待は裏切られるし痛い目に遭うと悟りましてね。

そうして、一匹狼、孤高の宗教家みたいな感じに憧れ始めたんですね。


しかしなんだかんだ言って根っからの寂しがり屋なゆずぽん。
一匹狼なんかが長続きするはずもなく・・・(苦笑)。


次回、また新たな出逢い編。


って、一体何話続くんだー!?
・・・自分でも分かりません。記憶が呼び覚まされてるうちに書けるだけ書きたいと思ってます。
どうぞ温かく見守ってやってくださいませ~(><)。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/03/13 19:12 】

| JW回想録 | コメント(2) | トラックバック(0) |
自己満ですけど何か?
改めて先日の結婚式の話。


ぶっちゃけ、人の幸福なんぞを一緒に喜べるほど心にゆとりもないもんで、
終始、無感動でございました。サイテー。人としてサイテー。超腹黒。

生きててすいません。



それにしても、やっぱり日本人がチャペルで結婚式すんのは違和感ありますねぇ。
わりと本格的で、牧師は外国人だし賛美歌歌うシスターみたいな人がいるし・・・。
「うおっ牧師アゴ割れてるよ!」とか思って1人笑いを噛み殺しておりました。

何かというと祈りを捧げてましたが、日本語カタコトな上に時折英語を織り交ぜるので、
うちの親戚なんかは後日、「牧師の話長かったー、何言ってんのかさっぱり分からんかったー。」
と罰当たりなことを言っておりました。牧師さんもおばちゃんの前では形無しですな。

いやでもほんと、神の御前で結婚の誓いを・・・とか、神の祝福を願って共に祈りましょう・・・とか、
日本人にはさっぱり馴染みがないと思うんですけどね。

誰一人「アーメン」と唱和しないしね(^^;)。
条件反射的に何度か一緒にアーメン言いそうになりました。

元JWなめんなよぉ!とかわけのわからぬ対抗心で、賛美歌は思いっきり歌ってやりました。


チャペルでの儀式が終わって、待ちに待った料理ですよ料理!
これだけが楽しみで、頑張って振袖も着てきたんですよ。

んが、予想外の不味さ・・・。

でっかーい皿にちんまりと載ってるのは許せるとして、この味はどうよ!!
なんなのよ! なめんじゃないわよ。

マジ、テンションだだ下がり。
料理がダメなら何のために来たのか分からない!(結婚祝うためだよっ)。


いやはや、あんなもんなのですね。
映画も料理も、過剰な期待は禁物ですね(TT)。よ~く分かりました。

そんなこんな言いつつ根性で出されたものは全部食べましたが、
振袖のせいで何度かリバースしそうになってました。入っていかないんだもの。



・・・・・、見事に文句ばっかですね。
どんだけ性格悪いねん。

いやまあ、悪ぶってますけどもね、ちょっとぐらいは感動しましたよ。うん。ほんとに。

スエナガクオシアワセニ。



振袖はしんどかったですけど、いい経験になりました。
たまにはあんな風に着飾って、チヤホヤされるのも良いかもね~。

成人式には参加すらしなかったので、この機会に写真撮りまくりました。

振袖(後姿)  振袖(母と)

めっちゃくちゃ生活感漂う背景でお恥ずかしい(笑)。
明治の牛乳BOXがミソですな。


分かりにくいかもしれないですが、髪の毛はありえないぐらい盛られてます。
地毛なんですけど、普段では考えられないほどの盛りっぷり。
こんな髪型したことないので、すごい新鮮でした。
スタイリング途中でサザエさんチックになった時は超不安になったけど(笑)。

苦しかったけど、もう一回ぐらい違う振袖着てみてもいいかななんて思いました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/09 20:56 】

| 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
んはぁぁぁぁ・・・
つ、つ、疲れたっっっ!!!

振袖ギガント苦しシス(><)。
何度か死ぬかと思いました。

いやぁ、いろんな意味で疲れましたな。
今日は早めに寝ることにします。

とにもかくにも、一大イベントが無事終わってホっとしたぁ。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/03/07 22:02 】

| 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~ちとグレる、そして更生~
バプテスマへ向かってイケイケな勢いをぶち壊した事件とは。


そう、“合併”

成員が50人を切るほど少なくなったため、吸収合併されることとなったのです。
物心ついた頃からずっと在籍していた会衆だったので愛着もあったのに、問答無用で消滅させられることになって、当時はかなり不満を抱いたものです。これじゃ経営不振の会社と同じ扱いじゃねえかよ!と。

まさにそのとおり!と当時の自分に言ってやりたい(笑)。

とにもかくにも、自分の会衆が消えて吸収されるというのは、普通の合併なんとなくプライドを傷つけられた感じがして、モチベーションもだだ下がり。しばらく「ガッペむかつく!!」が口癖になってました。←これエガちゃんでしたっけ?w


加えてこれまでは家庭環境のこととか不登校であることとかが暗黙の了解的に認知されてたのが、合併後には半分以上が知らない人になってしまったため、物凄く居心地が悪くなり、これからいちいち聞かれるたびに説明しなきゃならんのかと思うともうもう、集会なんて行く気が起きなくなってしまい・・・。

JW生活15年目にして、初めてグレました。

奉仕にはほとんど行かなくなり、集会にも何かと理由をつけては休むようになり。
それでも、ズル休みし続けるのは滅ぼされるのが恐くてできませんでした。

とこっとん小心者だったんですね。今でもだけど(笑)。


そんなこんなでやる気のないダルダルな2世って感じだった15,6歳の頃。
集会ではいつも“話しかけるなオーラ”を出していたにも関わらず、何かと気遣って声を掛けてくれる一人の姉妹がおりました(C姉妹と呼びます)。合併後、それまで自分の会衆にはいなかったタイプのケバいネエちゃんたちが増えた中、そのC姉妹だけは地味めで気後れしないで話せる人でした。

心を許したわたしは、その姉妹の援助を受けることになりました。
週一で研究をしてもらうことに。


それまでの間にも2人の姉妹(A姉妹、B姉妹)と研究をしてもらった経験があったのですが、
これが見事にどちらも最悪で(^^;)。

A姉妹との研究はまだ小学校行ってたころだったかなぁ。
とにかく、理想の答えを言わせようとする姉妹で、ちょっと正直な感想を述べると顔は笑ってるんだけど目が笑ってないという、あのJWがよく見せる嫌な表情をしてくる。それがムカついてムカついて、いつしか相手が望む答えしか言わないようになっていきました。

B姉妹は、献身したてみたいな10代後半の姉妹で、今思うと完全に練習台にされたなという。


そんな2人の姉妹の研究でもう懲り懲りだったんですが、もう一度だけC姉妹と今度は良い子ちゃんぶるのはやめて真剣にガチで研究をしてもらってみようと思ったんですよね。

実際、C姉妹はわたしの正直な感想や意見もいつも黙って聴いてくれて、正直「この人分かってんのか?」と思うこともあるにはあったんですが(^^;)、それでもちゃんと聴いてくれるだけでも嬉しくてかなり心を許してました。

C姉妹との良い関係がきっかけで、集会にもちゃんと全部行くようになりました。

3冊目ぐらいに『永遠に生きる』の赤い本をやってたんですけど。
わたしはそれまでイエスの購いの話がどうにも好きになれませんでした。
なんでイエスばかりがそんな苦しくて痛い思いをいしなきゃいけなかったのか、エホバがなんとかしたればええやないかと、どうにも納得いかないものを感じておりました。

あとあと、アダムとエバが反逆した時点で、やり直せばよかったじゃんとも思ってました。


この2点の疑問を、C姉妹にぶつけて、結果まんまと言いくるめられちゃったんですねぇ。

「イエスは他のみ使いに任せることもできたのに、自ら進んで犠牲になることを望んだ、
エホバもそのイエスの意思を尊重して犠牲となることを許されたのよ・・・」みたいな、そんな2人の熱い親子愛と絆をこんこんと説明されて、「そうかぁ!そんなエピソードがあったのかぁ!!」なんて感激しちゃったんですねぇ・・・。


あああ、なんてバカなんでしょう。
でもさ、この手の話ツボだったんだよね。親子愛とか家族愛とかさ。

今思えば、その手の話にわたしが弱いと分かった上で、そこを脚色して説明されたんじゃなかろうかとも考えられるんですけどね。だってエホバとイエスがどんな会話したかなんて正確には分かりっこないんだから、研究生が好きそうな話にアレンジしちゃえばいいんだもん。


アダムとエバを即刻滅ぼさずに、長い間人類が苦しむようにされたのはなぜか?
という疑問に関して返ってきた答えは、“判例”という言葉でした。
判例という表現は確か『永遠に生きる』の本に出てきましたっけ?

それまで聞いたことのない言葉で、すごく新鮮に感じてしまったんですね。

で、これまた“正義”とか“公正”がやたら好きだったわたしにとっては、ツボな説明でした。
2度と同じ歴史(過ち)が繰り返されないように、わたしたちが身を持って判例を作らないといけないんだと。わたしたちの判例が、神の法廷で大きな役割を果たすんだ、と。


・・・こんな説明で、その時は「よっしゃ頑張る!」となってしまったんですねぇ。
お恥ずかしい限りです(TT)。


でもそれで納得したその頃の自分の気持ちも、分からないではないんですよね。

それまで恐いだけの存在だったエホバとイエスを親子としてリアルにイメージできたのも大きかったし、「自分はこのために生きてるんだ!」という役割や使命感を欲してた時期でもあったし。

そういう心の隙間にストンと入っちゃったんだろうなぁと。



こんないたいけな若者の心の隙間を狙って入り込んでくるなんて、
ほとほと罪な宗教だと思います。


ま、そんなわけで合併で盛り下がったモチベーションがまたもや浮上してきてしまいました。
そのままなんとなく離れとけばよかったのにね~(苦笑)。


おっと、またまた超長くなってしまいました。
今日はこのへんで。

明日は親戚の結婚式なもんで、早く寝なければ!
結婚式参列なんて初体験なんですが、大丈夫でしょうか・・・。
なんとか楽しそうに見えるように頑張ってきます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/06 17:54 】

| JW回想録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~熱中時代~
水谷豊さんのドラマとは関係ありません(笑)。


では、前回の続きをば書かせていただきます。

不登校になり、“学校”という一番大きなストレスから解放されたわたしは、ここからますますJWにどっぷり浸かっていくことになります。“学校に行かない=一般社会では生きていけない”というのは分かっていたので、「わたしにはJWしかない。」と、「これが私の生きる道」だと、思ってしまったんですね。

学校での経験からすっかり人間不信で人間嫌いになってしまい、唯一コミュニケーションを取れるのはJW内の人たちだけになりました。世の人は平気でわたしを傷付けるし、みんながわたしをバカにしてる、JW以外の人と仲良くする必要なんてないと思い込んだ。


しかしこれが、JWの中でさえもなかなか居場所がなくてですね。
学校に行かなくなったことで、同年代の友達とも話すネタがなくなり(もとよりなかったけど)、
若い姉妹たちとの交わりというのも、全然楽しくなくて。いつもいたたまれなくてたまらなかった。

エホバの証人もたいした人たちじゃないと思い始めたのは11,2歳の頃だっけ。

集会に行くと誰もが一様に仮面を張り付けたような同じ微笑をたたえていて、気遣うような言葉とかが全部上っ面だけの薄っぺらいものに思えて、それがたまらなく嫌で嫌で。ムカついて。


今思えばこの嫌悪感はごくごく自然なものだったと思えるんですけど、当時はもちろん、自分が悪いんだと責めてばかりいました。自分の見方が悪いんだ、サタン的なんだ、こんなんじゃエホバに愛してもらえない・・・。

JW的にはそんな行き詰まりを感じていて、相変わらず家庭内はごたごたとしんどくて。
もう、みんな死んじゃえ。自分も家族もJWも、全員死んじゃえと半ばヤケクソに思ってました。


そんなやさぐれた少女ゆずぽんを救ったのは・・・、さてなんでしょう?



そう、それは特撮ヒーローでした。
ウルトラマンとか戦隊ものとかライダーとか、ですよ。


・・・なんかすごい答えを期待した方、すいません。こんな答えでスイマセン。


でもね、マジなんです。大マジ。
自分にとって大切なものって、案外他人にはどうでもよかったりするもんですよね。
あの頃のわたしにとってヒーローとの出会いは、人生を変えたと言っても過言ではないです。

ほら、ヒーロー番組ってなんかこう生命力に溢れてるじゃないですか。
前向きなメッセージ満載じゃないですか。
そんでもって主人公たちがとにかく心底、優しくて強い!

自分のような人間も、生きていていいんだと思わせてくれたというか。
こんな人になりたい!という熱い思いがこうね、メラメラと湧き上がってきた。


こっから、かなり考え方とか変わりましたね。
あと特撮雑誌とかフィギュアとかを自分でせっせと集めるようになり、ビデオを借りるためにTSUTAYAにも通うようになり(笑)、後々映画館に一人で行くようになったのも確かヒーローものの映画を観に行ったのが最初。

戦隊モノの出演者のトークショーを観に行くために前売りチケット購入して、
早起きして一人で太秦映画村まで出動したこともありました(笑)。

2000年ごろにサイトも作って始めて、かなり気合いの入った更新っぷりで。
掲示板などでいろんな人とやりとりするようになって、人間不信もだいぶ緩和されました。

とにかくヒーローきっかけでかなりアクティブになれた。


幸か不幸か(^^;)これはJW生活にもプラスになりまして、みんな死んじゃえという考えがなくなって、一人でも多くの人を助けたいなんて気持ちが芽生えて、奉仕に励むようになっちゃいました。

まあそれでも奉仕は大ッ嫌いだったですけど。
でも気持ち的にはすごく積極的になった。


そんなこんなで、調子に乗っちゃってこのまま順調にいけばバプテスマか!?
なんて思っていた14歳ぐらいの頃。


姉さん、またまた事件です・・・!

次回、ゆずぽんの進歩を阻む事件。乞うご期待。

****************************************


え~今記事で初めてゆずぽんのオタクな一面をカミングアウトしてしまいました。
正直言って特撮ネタもっと書きたかった~。
書き出したら止まらなくなりそうで、セーブするのに苦労しました(笑)。

今後の展開でこの特撮ヒーロー好きがキーパーソンになってくるので、
“ゆずぽんはヒーローオタク”というのを頭の片隅にでも置いておいてくださいませ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/04 22:32 】

| JW回想録 | コメント(2) | トラックバック(0) |
リフレーッシュ!
春なのでちょっとテンプレ変えてみました。

んなことより早く続き書けよって話ですよね、はい。

今日の夜にでもまた更新しま~す。たぶん・・・。
【 2009/03/04 12:23 】

| 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おもひでぼろぼろ ~少女時代~
少女・・・なんてガラでもなかったですけど(笑)。

さてさて今日はいろいろと変化のあった小学生時代を書きたいと思います。
長くなりそうなので2回ぐらいに分けるかもです。


“自分がエホバの証人であること”と“JW問題のせいで父がいなくなった”ことを認識し始めたのは小学校に入学したあたりからだと思います。それまでは週末だけ会う父とも変に気を使うことなくわりと仲良くやってました。サッカーを教えてもらったこともあったなぁ。

しかし、上記のことを意識し始めてからは、ダメだった。
父にも真理を知ってもらわなきゃ!という気持ちとか、母のことを分かってあげようとしなかった父への怒りの気持ちとかが芽生えてきて、どうにも普通の親子として接することができなくなりました。

で、そんな気持ちを手紙に書いて父に渡そうとしたことがあったんです。
確か5,6歳のころだったかなぁ。家でもくもくと文章を考えながら書いていたら、母が驚くほど冷静に「父さんは手紙嫌いだから読まないよ。」と言ったんです。

いや~ビックリですね(^^;)。

ガキんちょがガキんちょなりに、小さな脳みそ振り絞ってるわけですよ。
そこへバッサリと一刀両断するかのような一言ですよ。
きっと母もその頃はもういっぱいいっぱいで子供を気遣う余裕なんてなかったんだと思うんですけどね。今なら、それも分かるんですけど。だから別に根に持ってないんですけど。ほんと、全然。

しかし子供心にはすんごいショックで、書いてた手紙をぐちゃぐちゃにして大泣きです。
「エホバー!父さんが分かってくれますように~。」とか叫びながら。
相当イっちゃってる子供です(汗)。こんな子供いたら恐いですよ。自分だけど。

問題の根本は他でもない“エホバ”なんですが、当時は父さんさえ話を聞いて受け入れてくれたら解決するんだと信じてましたからねぇ。その思い込みはJWをやめる頃まで続くんですが・・・。


そんなこんなで、父への愛情みたいなものは小学生時代から薄くなった気がします。
父が理解を示さなかった分、自分が母と一緒にJWとして頑張らなきゃと。


そんな子供だったので、やたら正義感が強くて自分の価値観を押し付ける傾向がありまして、
クラスメイトには鬱陶しがられることもちょくちょくあったんですが、それでも結構うまくやれてました。
なんせその頃はまだ、持ち前の明るい活発な性格が失われてなかったのでね(笑)。

しかし、家庭内はやっぱりなかなかどうして辛い環境で・・・。
あの頃はとにかく兄も母も精神的に不安定で、子供ながらに心中するんじゃないかと本気で思ってました。きっと自分が学校に行ってる間に、2人で死んじゃうんだと。学校に行く前になると、不安でたまらなくなっていっつも「行きたくない~」と思ってたんですが、不思議と学校の敷地内に入ってしまうと不安も消えちゃうんですよね。とにかく朝だけがいつもしんどかった。


1年生ぐらいの頃、ある日たまたま夜中に目が覚めたら、母と兄がいなかったことがありました。
あの時の恐怖感ったらもう、いまだにハッキリ覚えてます。パニックになって、でも真っ暗な外に探しに行く勇気もなくて、「もう帰ってこないんじゃないか」という考えを誤魔化すために、一心不乱にゲームボーイのマリオをやりまくって・・・。確かあの夜のうちにクリアしたんじゃなかったっけ(笑)。

気になる2人の行方は、なんてことないTSUTAYA行ってただけという・・・。

“脱力感”というのをあの歳にして初体験しました(笑)。


なにはともあれ、それから4年生ぐらいまでは担任にもクラスにも恵まれて(同じクラスにJWがいたので証言も2人でできたし)それなりに楽しく、JW的にも模範囚・・・もとい模範的で注解にも奉仕にも活発に参加するという、まあまあ良い感じの人生でありました。

思えば3,4年の頃が一番友達も多くてサッカー漬けの毎日で、JWの方でも晴れて伝道者となり、
まさしく人生のピークだったかもしれません。


5年生に入った頃から、早くも下り坂を転がり落ちていきます(爆)。

「この先生だけは死んでも嫌だ。」と目を付けてたヤツが担任になり、クラスも最悪。
5年生ともなると、男子と女子がなんとなく意識し始め、これまでのように「サッカーやろうぜぃ!」なんて雰囲気もなくなってしまい。女友達をほとんど作ってこなかった自分は見事に居場所がなくなり。

たぶん、この頃からJWの子供特有の、変に大人びたところと幼稚さのアンバランスさみたいなのが、
だんだんと“変なヤツ”というオーラとなってクラスメイトに認知されるようになってきたんじゃないかと。
悪いことにこの頃から自分の中でも「自分はこんなバカどもとは違う。選ばれたエホバの民なんだ。」みたいな自意識も強くなってきちゃった気がする。

実際、JWを抜きにしてもそのクラスは学級崩壊で、担任もストレスで参っちゃって、
他の先生に代わってしまったぐらい。

大人が参るなら、わたしも参るわい!ってことで、晴れて5年生の春、ゴールデンウィーク明けから不登校となりました。

まあ、低学年の頃から不登校の片鱗は見えてましたからねぇ。
それまでエンジョイできてたのは、奇跡的に環境に恵まれてたおかげでしょう。


不登校になる前後は本当に毎日死にたくて死にたくて、学校もしんどい家もしんどいって感じで。

しかし、不登校という道が正解だったのかは分からない。
おかげで学歴コンプレックスとも長いお付き合いになってしまったし(^^;)。

それでも、その時はそれしかなかったんだから、しょうがないとも思う。
それでしか自分を救えなかったんだろうから。



なんだかんだで勢いで1回で書いてしまいました。
暗い上に長文になって申し訳ないです!

次回、いよいよ引きこもり時代に突入です。まだまだ暗い話が続きます(苦笑)。

どうか皆様、あまり神妙にならずお気軽にお楽しみくださいね(無理ですか?w)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/03/02 12:21 】

| JW回想録 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。