スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おもひでぼろぼろ ~幼少期~
書く書くと言いながら、なんだかんだでずっと放置していた半生記。

ゲハジさんからリクエスト(?)を頂いた、兄(チェルベロ)の説得を受けた時の心境を語る前に、
ざっと自分のJWライフを振り返って整理したいなぁと思いまして、やっとこさ書く気になりました。


しかし、なんかねぇ、昔を思い出しながら書いてると泣けてきたりするんですね。
それがすごく嫌なの。自分の文章に酔ってるようで。
自己陶酔&自己憐憫になっちゃって、すごい恥ずかしくなってくるんですよねぇ。

そんなわけなので、なるべく簡潔にドライな感じで書いていきたいと思います。


それでは幼少期からいってみましょうかね。


**************************************


父と同じ家に暮らしていた記憶って、ほとんどありません。
たぶん幼稚園に入る前にはもう出て行ってたんじゃないかな。

あ、一つだけ思い出すのは、3、4歳のころかなぁ。
父がいる前で賛美の歌を歌っちゃって、急に怒り出した父が襖をボコボコのビリッビリに破いちゃったというエピソード。・・・我ながら超KYなことをしたもんだと思う。


幼稚園は、楽しかったような地獄だったような、とても複雑な記憶です。
友達づきあいは今よりもむしろこの頃の方が上手かった気はするんですが(苦笑)。
この頃から同性よりも異性との方が仲が良かった。
気の強い女の子から子分扱いされるというか、なぜか対等に付き合えない・・・。小学校でも女友達には恵まれなくて、いまだにトラウマですね。同年代の同性には警戒心と恐怖心がすごく強くなる。

まあそれでも幼稚園の友達づきあいなんてそんなに深刻なものでもなく、それなりに楽しくやってました。しかし、一番大きな問題がやはりイベント事での先生への証言。節分、端午の節句、誕生日会、七夕、クリスマス・・・。幼稚園は特に毎月のようにイベントがありました。

わたしの在籍していた【そら組】さんの先生は、とにかく見た目が鬼婆で。
幼稚園の先生といえば今時は若くて綺麗なお姉さんが主流じゃないですか!
あの当時は結構恐げなおばちゃん先生が多くて、特にそら組さんの先生は・・・。

幼いながらに、証言する前にはおなかが痛くなるほどのストレスを感じておりました。

証言とか関係なくても、先生が本当に恐くて、「トイレ」の一言が言えずにおもらししたことが2,3回あります。一度はみんなで座ってお絵かきしてる最中だったので、あわよくば隣に座ってる子のせいにしようかと思ったんですが、明らかに自分の下から放射線状に広がっていたので無理でした。


そんなこんなありましたが、元気で活発でスポーツ万能!てな感じの評価を受けるような、
総じて良い感じの幼稚園ライフでした。

証言はしんどかったけど、それ以外のJWによるしんどさもあまり感じてなかったし。
わたしの頃にはムチもそれほど厳しくなかったですしね。

ただやっぱりテレビには厳しくて、一週間で合計3時間しか見ることを許されませんでした。
7日で3時間てひどいですよ。日曜日にちびまる子ちゃん~世界名作劇場まで見たらもう2時間ですからね。おばあちゃん家で隠れて見たりしてました。一度ドラゴンボールかなんか見てるのを発見されて、ムチ7発喰らったことがあります。


そういえば、この頃に母親の開拓者学校がありまして。
2週間何人かの姉妹のお宅に預けられましたねぇ。
これがまたすっごく嫌でした。恐い姉妹の家ばっかだったし・・・。

なんと言っても、一番母親に甘えたい時期に2週間もの間引き離されるというのは、酷ですよね。
「ハルマゲドンが来る時はお母さんとも離れなくちゃいけないのよ。」なんて教えられてたので、
これは予行演習なんだ!とか思って我慢してましたが。


こうして見るとやっぱりあまりいい思い出のない幼少期ですが(^^;)、
もっとぼろぼろになるのはこれからです。


次回、暗雲立ち込める小学生時代。お楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/27 23:37 】

| JW回想録 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。