スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
憑かれてるのはあんたの方だ
先日、兄のブログにもちょくちょく登場している、家族ぐるみで唯一交流のある現役信者の姉妹のお宅にお呼ばれしてきました。その姉妹、今コンビニでアルバイトをしておられるんですが、「節分に売ってた丸かぶりロールケーキが売れ残ったから、食べにきて~」というお誘い。
そう、こういうつまらんことでよく招待されるんです(笑)。

彼女は、JWの中でも本当に数少ない・・・というか唯一の心を許せる友人でした。
JW時代はほんとにお世話になって、彼女のおかげでJWとして生きていこうと思えたぐらい、
影響を受けた人物です。

JWをやめた今でも、できればJWなんて関係なく友達として付き合えたらと思ってます。


でも、それでもやっぱり、疲れるんですね。すんごく。
向こうはわたしを一時的に不活発になってるものとして扱ってるから、こちらも一応それに合わせた演技をしなきゃいけない。いわゆる霊的な話題というやつにも、ニコニコしながら相槌を打たないといけない。それがやっぱり、疲れるんだな。相手のペースに合わせるのがしんどいんだな。

だって、内心は「バッカじゃないの。」と思ってるんだもの。
励まされた経験だとか、研究が取り決まったとかいう話が出るとどうしても、カチンと来る。
いっそのこと、「JWの組織なんて嘘っぱちなんだよ!」とハッキリ言ってしまおうか・・・と思うこともあるんだけど、そこまで思い切れないんだなぁ。

ハッキリ言わないにしても、なにかチャンスがあればちょっとツッコミ入れてみようか・・・なんて、
思いながら姉妹とそのお母さんの話しに相槌を打っていたら、最近彼女達の会衆に5年ぶりぐらいに復帰を果たしたというある姉妹の話題が出たんです。
で、復帰には長老たちと研究(討議?)する必要があって、奉仕に再び参加できるようになるためには、JWを離れていた間に罪(不道徳とか偶像崇拝とか)を犯さなかったかを問いただされるらしいんですね。

そこで、ちょっと思い切って、「でも、(やってても)やってませんって言うこともできるんじゃないの?」と聞いてみたんです。要するに、いくらでも誤魔化せるんじゃないの?ってことですね。誤魔化すとか嘘つくとは言えなくて、オブラートに包んだ言い方になっちゃった(^^;)。


そしたらですね、今までまったりと話していた彼女とお母さん姉妹の空気がガラッ!と変わりまして・・・。ほんとにその場の雰囲気が一瞬ピンと張り詰めた感じになって。2人ともがまくしたてるように「それは絶対に無理。エホバは必ず見ておられるから!!!」「何年経とうが、絶対に追っ手がつくねん不思議なことに・・・!」「エホバの目を誤魔化そうなんて、愚かで甘い考えよ。」・・・・・こんな意味のことを目の色を変えて訴えかけてくるんです。


・・・恐かったーーー!!
てか、「追っ手」ってなんだよ。その意味のわからん気持ち悪い表現。
もうねあの雰囲気の変わりようはまさに、「サタンよ離れされ!」と言いたくなる(汗)。
あれは完全に、わたしが不活発になってる間に間違いを犯しても誤魔化せると考えてると推測して、2人がかりで警告したつもりだと思うんです。警告っつうか脅しだな、あれは。


いやはや、見事に地雷を踏んでしまいました。
JWってそれぞれで地雷ポイントが違うから、一体どこで爆発するのか分かんないんですよね。
それはOKでこれはダメなの!?っていうことが多々ある。今回のお2人は特に。


その後は、もうそれ以上突っ込む勇気もなかったので、ひとまず2人の警告に納得しときました。
そんで何事もなかったようにまた、まったりと他愛もない会話を楽しんだんですが。


う~ん・・・やっぱりこういうことがあるとJW関係なく普通に付き合うというのは難しいのかなぁと思いますね。住んでる世界、見ている世界があまりにも違いすぎるというか。ズレ過ぎてるというか。
地雷さえ踏まなければ、本当に一緒にいて楽しい人なんですけどねぇ。

JWとの間にはやはりぶあっつい壁があることを再認識しました。


一緒に行っていた母との帰り道、「いや~あれはコワかったね~。」「ちょっと寒気がしたねぇ。」
・・・母も同じ恐怖を感じていたようです(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/08 15:29 】

| JWネタ | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。