スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おもひでぼろぼろ ~幼少期~
書く書くと言いながら、なんだかんだでずっと放置していた半生記。

ゲハジさんからリクエスト(?)を頂いた、兄(チェルベロ)の説得を受けた時の心境を語る前に、
ざっと自分のJWライフを振り返って整理したいなぁと思いまして、やっとこさ書く気になりました。


しかし、なんかねぇ、昔を思い出しながら書いてると泣けてきたりするんですね。
それがすごく嫌なの。自分の文章に酔ってるようで。
自己陶酔&自己憐憫になっちゃって、すごい恥ずかしくなってくるんですよねぇ。

そんなわけなので、なるべく簡潔にドライな感じで書いていきたいと思います。


それでは幼少期からいってみましょうかね。


**************************************


父と同じ家に暮らしていた記憶って、ほとんどありません。
たぶん幼稚園に入る前にはもう出て行ってたんじゃないかな。

あ、一つだけ思い出すのは、3、4歳のころかなぁ。
父がいる前で賛美の歌を歌っちゃって、急に怒り出した父が襖をボコボコのビリッビリに破いちゃったというエピソード。・・・我ながら超KYなことをしたもんだと思う。


幼稚園は、楽しかったような地獄だったような、とても複雑な記憶です。
友達づきあいは今よりもむしろこの頃の方が上手かった気はするんですが(苦笑)。
この頃から同性よりも異性との方が仲が良かった。
気の強い女の子から子分扱いされるというか、なぜか対等に付き合えない・・・。小学校でも女友達には恵まれなくて、いまだにトラウマですね。同年代の同性には警戒心と恐怖心がすごく強くなる。

まあそれでも幼稚園の友達づきあいなんてそんなに深刻なものでもなく、それなりに楽しくやってました。しかし、一番大きな問題がやはりイベント事での先生への証言。節分、端午の節句、誕生日会、七夕、クリスマス・・・。幼稚園は特に毎月のようにイベントがありました。

わたしの在籍していた【そら組】さんの先生は、とにかく見た目が鬼婆で。
幼稚園の先生といえば今時は若くて綺麗なお姉さんが主流じゃないですか!
あの当時は結構恐げなおばちゃん先生が多くて、特にそら組さんの先生は・・・。

幼いながらに、証言する前にはおなかが痛くなるほどのストレスを感じておりました。

証言とか関係なくても、先生が本当に恐くて、「トイレ」の一言が言えずにおもらししたことが2,3回あります。一度はみんなで座ってお絵かきしてる最中だったので、あわよくば隣に座ってる子のせいにしようかと思ったんですが、明らかに自分の下から放射線状に広がっていたので無理でした。


そんなこんなありましたが、元気で活発でスポーツ万能!てな感じの評価を受けるような、
総じて良い感じの幼稚園ライフでした。

証言はしんどかったけど、それ以外のJWによるしんどさもあまり感じてなかったし。
わたしの頃にはムチもそれほど厳しくなかったですしね。

ただやっぱりテレビには厳しくて、一週間で合計3時間しか見ることを許されませんでした。
7日で3時間てひどいですよ。日曜日にちびまる子ちゃん~世界名作劇場まで見たらもう2時間ですからね。おばあちゃん家で隠れて見たりしてました。一度ドラゴンボールかなんか見てるのを発見されて、ムチ7発喰らったことがあります。


そういえば、この頃に母親の開拓者学校がありまして。
2週間何人かの姉妹のお宅に預けられましたねぇ。
これがまたすっごく嫌でした。恐い姉妹の家ばっかだったし・・・。

なんと言っても、一番母親に甘えたい時期に2週間もの間引き離されるというのは、酷ですよね。
「ハルマゲドンが来る時はお母さんとも離れなくちゃいけないのよ。」なんて教えられてたので、
これは予行演習なんだ!とか思って我慢してましたが。


こうして見るとやっぱりあまりいい思い出のない幼少期ですが(^^;)、
もっとぼろぼろになるのはこれからです。


次回、暗雲立ち込める小学生時代。お楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/27 23:37 】

| JW回想録 | コメント(6) | トラックバック(0) |
だって女の子だもん
ここ数日、キリキリキリキリと胃が痛んで食欲もなくてすこぶる調子が悪かったです。
こりゃついに胃カメラか!?とか思ってたんですが・・・。

結局、あれでした。月に一度のあれだったみたいで(^^;)。
いつもよりちょっとだけ痛くなるのが早かったせいで無駄に焦ったじゃないか!

で、数ヶ月前からなんですけどね。
月に一度のこの日の前後になると、なぜか猛烈にバイト先の店長さんにイラつくようになったんですよ。とにかく顔も声もなにもかもがカンに触るんです。他のバイト仲間にはそんなことないのに。店長にだけ。

なんなんですかねぇ。
まあ普段から、鈍感だし大学生のバイトばかりを贔屓するし妙に煮え切らないナヨナヨしたところがあるし・・・ってな感じでちょっとイライラすることはあるんですけど、それがすんごい増幅するんですねぇ期間限定で(苦笑)。

まあほんと、こればっかりは生理現象ってことでしょうがないんでしょうが。
しかしそんなイライラを出すわけにはいかないので、我慢するのがなかなか疲れます。


店長的にも「なんで今日ゆずぽんちゃんこんな不機嫌そうなんだ!?」て感じですよね(^^;)。
いや~、申し訳ない。でもどうしようもない。


でもね、わたしだけじゃないんだよね。店長のナヨナヨっぷりにイラついてるのはね。
無駄にマッチョなくせにナヨナヨしてると余計イライラするんですね。

だから最近、あだ名付け名人の有吉さんを真似て店長のあだ名考えたんです。


“ヘタレマッチョ”


これしかない!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2009/02/22 23:29 】

| 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ある意味、誕生日
原付バイクに撥ねられたあの日から、今日でちょうど一年です(笑)。

鎖骨骨折だったんですが、なっかなか握力と腕力が戻らなくて、本気でヒヤヒヤしたもんなぁ。
今では骨折前よりもマッチョになった気がします(笑)。復活しすぎだ!


今思えば、あの事故がきっかけで“いつ死んでもいい”という考え方が変わった気がします。
ほら、JWだった頃ってむしろ早く死んじゃったら迫害もハルマゲドンも経験せずに復活できるから美味しいと思ってたじゃないですか。即死いいね!みたいなね・・・。なんという罰当たりなヤツだと、今は思いますけどね。でもほんとにそう思ってた。

だからJWをやめたあとも、ずっとそういう感覚は抜けてなかったんですよね。
別に明日死んでも思い残すこともないし、しんどい思いもしなくてすむし、なんて。


事故に遭ったのは、ちょうどそんな感覚が抜けてない、JWをやめた1ヵ月後ぐらいでした。


道路に倒れてる数十秒間、なぜか走馬灯みたいなものは見なくて、
ただただ「え、え、死ぬの?マジで?」という焦りというか恐怖というか。

“死にたくない”と本気で思えた瞬間でした。

死ぬってのはこういうことかと。こんなにもあっけなく、突然訪れるものかと。


今日のバイトはどうしよう、家族や親戚は大丈夫か?
ああ、スパナチュのシーズン2も観なきゃいけないのに!!

そんな大事なことと小さなことが頭ん中をぐるんぐるん回ってました(笑)。


まあ実際はこのとおりピンピンしてるんですけども、撥ねられた瞬間は本気で「死ぬー!」と思いましたからね。

「生きてて良かった。」と心底思えたのは、JWをやめたばかりの自分にとってはすごく大きかった。
怪我の功名というか、グッドタイミングというか。軽傷で済んだから言えることなんですけども。


そんな気持ちの変化に加えて、事故後にすごく良くしてくれたリハビリの先生達やバイト先の店長さんや同僚たちや近所の人たちがいて、JWではない人たちが示してくれる気遣いとか優しさが本当に身に沁みて、“世の人”という感覚が抜け切ってなかった自分にとっては、そういう偏見と猜疑心を一気に覆す機会になりました。



いやぁほんとに、すごく大きな変化を与えてくれた体験だったなと。
もちろん事故はもう二度とごめんですけど。


そういえばJWを離れてから着信もメールも無視し続けてたのに、事故きっかけでお見舞いとかに来られたりして無視するわけにもいかなくなって、関係を切るに切れなくなったというオマケ要素もありました。これに関しては果たして、良かったのか悪かったのか・・・(苦笑)。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/18 23:59 】

| 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
あ、日付変わっちゃった・・・
今日は待ちに待ったバレンタイン。
大好きな彼と甘い夜を・・・♪♪♪


うおーーーーーー!!
自分で書いといて超恥ずかしくなりました。
もちろんこんなの大嘘です。実際は、バレンタイン?なにそれ??って感じです。

もらったことがないというの男性陣の方々も切ないでしょうが、
あげたことがないというのも切ないものです(^^;)。
んま、言ってもしゃあないですがね~。


それでも今年はバイト先に義理チョコを持って行きましたよ。

メガチロル

メガチロルでございます。
デパートでたまたま見つけたんですけど、「コレだ!!」と即行購入しました(笑)。
一個一個買っていくのはこっぱずかしいけど、これならウケ狙いでいけると。

単三電池ぐらいしか大きさの比較ができるものがなかったんですけど、伝わりますかね?
かなり大きいですよ。この中に普通のチロルチョコが90個(!)入ってます。
それでも1000円だったので、超お得♪

思ったとおり、大盛り上がりで大好評でした。
結局高級なチョコレートよりも、こういうジャンクなチョコが一番美味しいんですよねぇ。

もう1箱ぐらい買っときゃ良かったな。



もらったチョコ
こちらはうちの母親(左)とおばあちゃん(右)からもらったチョコです。

・・・え~、ノーコメントで。

な、な、な、なんてセンスのないチョコなんだ!!!
ダースなんて、いつでも買えるし(TT)。

まあそれでもおばあちゃんのは良いとして、母のはなんだ!
なんだこの、小学生の男の子が喜びそうなチョコは。
てか今時、サッカーボールを喜ぶ男の子も少ないかもしれない(^^;)。

絶対300円とかだよこんなの。
初めてのバレンタインチョコが300円ってどうよ。
「ミッキーの缶に入ったやつ売ってなかったっけ?」と聞いたら、「あれ、200円ぐらい高かったんだもん。」だってさ。

・・・もういいっす。もうこういう母だと思って諦めるっす(涙)。


なんかこう、こういうプレゼントだとかイベントに関する母とわたしの価値観にはズレがありますな。
高級なものを期待してるとかじゃ全然ないのだけど、“せっかくJWをやめれたんだから”という気持ちの強さに温度差があるというか。

う~ん上手く言えないや。
あんまり文句ばっか垂れてると母がグレるんでやめときます(苦笑)。



最後に。
自分チョコ

・・・自分用ですが、何か?

万が一母が買ってきたとしても、↑のような結果になることは予想済みだったので、
自分で買ってきました。自分で自分に買ったやつが一番高いってどうよ! どんだけ悲しいのよ。

「ラッピングはいいです。」ってレジの人に言ったら、「ラッピングよろしいんですか?」「普通の袋でよろしいんですか?」と何度も確認され、非常に気まずかった。いいって言ってんだろコノヤロウ。文句あんのかコノヤロウ。

自分チョコ、今流行ってるんだからね!


ああしかし、緊張のあまり手汗とワキ汗と顔汗をかきながら、必死で自分チョコを選ぶ女って一体・・・。そこまでバレンタインコーナーがいたたまれないんなら行かなきゃいいのに(^^;)。我ながら、そうまでしてチョコを買う自分の意地が理解不能です。


あ~あ、バレンタインなんてなくなればいいのに。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/15 00:17 】

| 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
呪われそう・・・
最近Wiiでプレイ中のソフト『零 月蝕の仮面』

本気で、恐いです。

廃墟と化した館や病院の中を探索し、現れる怨霊や浮遊霊をカメラで撮影して倒しながら進んでいくアドベンチャーゲームなのですが、個人的には『バイオハザード』とか目じゃないくらい恐い! やっぱ和風ホラーは苦手だぁ。一度通ったところだからと気を抜いてると、突然目の前に霊が現れたりするもんだから、片時も気を抜けない。精神的にかなり追い込まれるゲームです(^^;)。

そんな苦手ならやるなよって話なんですが、ストーリーが良いんですよねぇ。
PS2で出てた前作がとても良かったので、今回も期待してます。

Wiiはもっともっとこういうシリアスなソフトを作っていってほしいですね。

Wiiリモコンの特徴を意識しすぎて、どうも質の低いゲームばかりな気がする。
ストーリーが軽い、すぐに飽きる、大人数でやらないと面白くない・・・。
こちとらいっつも独りでやってるんだよ!!と言いたい(苦笑)。

もう相当な数売り上げただろうから、これからはWiiならではとか考えずに普通に一人でじっくりプレイするソフトを作って欲しい。頼むから天誅も従来のシステムに戻して、続編を作ってくれ~。


って、今日はよっぽどネタがなかったんだな・・・。
特別書くことないなら書かなきゃいいのに、と我ながら思いながらアップしちゃいます。

テーマ:Wii(ウィー)総合 - ジャンル:ゲーム

【 2009/02/11 23:56 】

| 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
憑かれてるのはあんたの方だ
先日、兄のブログにもちょくちょく登場している、家族ぐるみで唯一交流のある現役信者の姉妹のお宅にお呼ばれしてきました。その姉妹、今コンビニでアルバイトをしておられるんですが、「節分に売ってた丸かぶりロールケーキが売れ残ったから、食べにきて~」というお誘い。
そう、こういうつまらんことでよく招待されるんです(笑)。

彼女は、JWの中でも本当に数少ない・・・というか唯一の心を許せる友人でした。
JW時代はほんとにお世話になって、彼女のおかげでJWとして生きていこうと思えたぐらい、
影響を受けた人物です。

JWをやめた今でも、できればJWなんて関係なく友達として付き合えたらと思ってます。


でも、それでもやっぱり、疲れるんですね。すんごく。
向こうはわたしを一時的に不活発になってるものとして扱ってるから、こちらも一応それに合わせた演技をしなきゃいけない。いわゆる霊的な話題というやつにも、ニコニコしながら相槌を打たないといけない。それがやっぱり、疲れるんだな。相手のペースに合わせるのがしんどいんだな。

だって、内心は「バッカじゃないの。」と思ってるんだもの。
励まされた経験だとか、研究が取り決まったとかいう話が出るとどうしても、カチンと来る。
いっそのこと、「JWの組織なんて嘘っぱちなんだよ!」とハッキリ言ってしまおうか・・・と思うこともあるんだけど、そこまで思い切れないんだなぁ。

ハッキリ言わないにしても、なにかチャンスがあればちょっとツッコミ入れてみようか・・・なんて、
思いながら姉妹とそのお母さんの話しに相槌を打っていたら、最近彼女達の会衆に5年ぶりぐらいに復帰を果たしたというある姉妹の話題が出たんです。
で、復帰には長老たちと研究(討議?)する必要があって、奉仕に再び参加できるようになるためには、JWを離れていた間に罪(不道徳とか偶像崇拝とか)を犯さなかったかを問いただされるらしいんですね。

そこで、ちょっと思い切って、「でも、(やってても)やってませんって言うこともできるんじゃないの?」と聞いてみたんです。要するに、いくらでも誤魔化せるんじゃないの?ってことですね。誤魔化すとか嘘つくとは言えなくて、オブラートに包んだ言い方になっちゃった(^^;)。


そしたらですね、今までまったりと話していた彼女とお母さん姉妹の空気がガラッ!と変わりまして・・・。ほんとにその場の雰囲気が一瞬ピンと張り詰めた感じになって。2人ともがまくしたてるように「それは絶対に無理。エホバは必ず見ておられるから!!!」「何年経とうが、絶対に追っ手がつくねん不思議なことに・・・!」「エホバの目を誤魔化そうなんて、愚かで甘い考えよ。」・・・・・こんな意味のことを目の色を変えて訴えかけてくるんです。


・・・恐かったーーー!!
てか、「追っ手」ってなんだよ。その意味のわからん気持ち悪い表現。
もうねあの雰囲気の変わりようはまさに、「サタンよ離れされ!」と言いたくなる(汗)。
あれは完全に、わたしが不活発になってる間に間違いを犯しても誤魔化せると考えてると推測して、2人がかりで警告したつもりだと思うんです。警告っつうか脅しだな、あれは。


いやはや、見事に地雷を踏んでしまいました。
JWってそれぞれで地雷ポイントが違うから、一体どこで爆発するのか分かんないんですよね。
それはOKでこれはダメなの!?っていうことが多々ある。今回のお2人は特に。


その後は、もうそれ以上突っ込む勇気もなかったので、ひとまず2人の警告に納得しときました。
そんで何事もなかったようにまた、まったりと他愛もない会話を楽しんだんですが。


う~ん・・・やっぱりこういうことがあるとJW関係なく普通に付き合うというのは難しいのかなぁと思いますね。住んでる世界、見ている世界があまりにも違いすぎるというか。ズレ過ぎてるというか。
地雷さえ踏まなければ、本当に一緒にいて楽しい人なんですけどねぇ。

JWとの間にはやはりぶあっつい壁があることを再認識しました。


一緒に行っていた母との帰り道、「いや~あれはコワかったね~。」「ちょっと寒気がしたねぇ。」
・・・母も同じ恐怖を感じていたようです(苦笑)。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/08 15:29 】

| JWネタ | コメント(8) | トラックバック(0) |
福はうち鬼はそと
今日は節分ですね~。
たぶんこれアップするころには日付変わっちゃってると思うんですけども。

元JWならば当然のごとく、節分にも良い思い出なんてあるわきゃないんですが。
わたしの中で鮮明に残ってるのはやっぱり幼稚園児の時の節分でしょうか。
節分はクリスマスとかとは違って、特に幼少期に派手にやるイメージがありますよね。

「福は~うち!鬼は~そと!!」なんつって豆をまくのもチビッコ達だし。

通っていた幼稚園でも豆まきというイベントがありましてね。
茶色い小さな升を持たされて、そこに先生が順番に豆を入れていってくれるんですね。
で、先生の合図でみんないっせいにウワーーーッと豆をまき始めるわけ。

福の時は教室の中、鬼の時は廊下へ。

みんながはしゃぐ喧騒の中、豆の入った升を持って佇む園児が一人・・・。
もう~、あの手持ち無沙汰、居心地の悪さったらないですよね。
「一緒にまきてぇー!!」と思う自分と、「バッカじゃないの」と冷めてる自分の攻防ですよ。

あまりに手持ち無沙汰だから、一粒豆を食べてみたら、その不味さにますます意気消沈。
あれ以来、今でも豆は大嫌いです。納豆は好きだけど。甘納豆も好きだけど。
あの乾いた大豆は大嫌い。

んまそんなほろ苦い思い出です。

てなわけで、JWをやめたからってあの豆だけは食べる気になりませんが(^^;)、
今日はバイト先の店長が巻き寿司を買ってくれました。
うちの店は商店街の中にあるので、向かいのお寿司屋さんから毎年買わなきゃいけないそうです(笑)。昼は向かいのお寿司屋さんで、夜はもうちょっと先のお寿司屋さんで買うらしい。商店街は付き合いが大変そうです・・・。

店長には気の毒ですが、ちゃんとしたお寿司屋さんの巻き寿司(しかも上巻き!)をタダで食べれるバイトたちはひたすらラッキー。とか言いつつ、わたしは正直言って巻き寿司あんまり好きくないので、勝手に違うまかないを作らせてもらって食べたんですけど。(←なんて薄情なヤツだ!)

ありがたくお持ち帰りさせてもらって夜家族で食べました。
丸かぶりしないと意味ないらしいのですが、即行切っちゃいました。すいません。

巻き寿司

スーパーで安物のやつも買ってきて食べ比べたんですが、巻き寿司にさほど思いいれがない自分にはいまいち違いが分からなかった(苦笑)。具はもちろん多いですけどね。あと米もいいかなってぐらい。・・・ぶっちゃけおにぎりの方が美味しいななんて(爆)。

あのぉ、巻き寿司のなにが気に食わないかっていうと、具をいっぺんに味わえないこと。
一口では絶対無理なわけで、てことは一緒に食べれる具が限られる。
キューリとかんぴょうか、高野豆腐と玉子か、かたまたウナギとかんぴょうか・・・みたいな。
すべてをいっぺんに味わわせろぉ!!と思ってしまう。

わたしだけ??


ああ、こんなわたしはたとえ東北東を向いて食べたとしても効果ゼロでしょう。


・・・あ、不覚にも新しいデジカメの写真第一号が巻き寿司になってしまいました。
まあいいか。



そうそう、うちの猫を何気なくパシャパシャ撮ってたら面白いのが撮れました。

チビ

笑う猫。

めっちゃくちゃ笑ってるように見えません?
ニカッッッて感じ。適当に撮ってて思いだけず良い表情を撮れたので、
物凄いテンション上がっちゃいました。

うちのチビにゃんは日がな一日寝てるので、寝顔ばかり撮ってても全然カメラを新しくした甲斐を感じられなくてちょっとガッカリしてたんですが、初めて動いてるチビにゃんを撮ってみて「やっぱすごい!」と。全くブレないんですよね。パシャパシャ適当に撮ってたらそれだけでもわりと良い表情が撮れる。カンゲキです。

早くどっか出かけて綺麗な景色なんかも撮りたいなぁ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2009/02/04 00:26 】

| 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
三国志とドラゴンボール
たくさんお見舞いコメントをいただいたのに、たいした風邪じゃなかったみたいでなんかすいませんです(^^;)。花粉症かなんかですかね~。わたしは花粉症ではないんですけど、今年は花粉がすごい多いらしいので、なにかに反応してるのかもしれません。


最近、バイト仲間から『ドラゴンボール』全巻を借りまして。
興味はあれど、大人買いするほどでもないし巻数多いからレンタルもお金かかるし・・・
と思っていたので非常にありがたいです。いつもムカつくー!と書いてる大学生バイト君なのですが、これでちょっと好感度アップしました(笑)。

ひねもす読みまくって、ただいま19巻あたりですかね。
前半は正直そこまで面白くないんでない?と思ってたんですが、ピッコロ出てきたあたりから面白くなってきましたね~。ピッコロ一番好きなんです。全身緑だけど好きなんです。吾飯かばって死ぬとこなんかもう、泣きそうでした(TT)。

あと天津飯も好きなんだなぁ。餃子のあとを追って死ぬシーン、これまた涙涙です。

・・・・・あれ、わたしの好きなキャラ、2人とも死んじゃったんですけど。
ま、たぶん生き返るんだろうなぁと思って安心してるんですけどね。


それと『レッドクリフ』観てから読みたいと思ってた『三国志』も読み始めました。
読みやすいと感じた北方謙三氏のを。

ドラゴンボールもキャラ多いし、三国志もキャラ多いし・・・。
頭ん中ごちゃごちゃです(笑)。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/02/02 00:11 】

| 読書 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。