スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
糸抜いてきたよ糸!
はい、今日は抜糸でした。
町の歯医者さんでやってもらった時にちょいと痛かったので、今回は多く縫われた分もっと痛いのでは・・・とビクビクしながら行ったのですが、もんのすごいアッサリと終わりました(笑)。思わず「あれ、先生もう糸取れたんすか!?」って聞いちゃったぐらい。

さすがナイスミドル先生! 腕も確かです。

しかし、患部にちょこっとまだ腫れてる箇所がありまして、先生も「なんなのか分からん。」と(汗)。
「えーーー、恐いなぁ(TT)。」とこぼすと先生が言いました。

「恐がることあらへんよ。なんかあったらまたそん時考えたらええねんから。」と。軽いノリで。


なんだか、めちゃくちゃ元気が出たんです。
普通ならそんな適当にあしらわれたらカチンとくるんですけど、なぜかとても元気付けられた。


そんなことがあったあと、帰りの電車ん中で考えたことなんですけど。


わたしは軽くあしらわれたり自分の問題をたいしたことないように扱われるのが凄く嫌。
おめえにわたしの何が分かるんだよ!適当なこと言うなよ、ボケがと思ってしまう。
だから今回も、先生の一見適当な気休めにはカチンときそうなものなのに、こなかった。
それはなぜか。

先生の言葉の裏には、きちんと治療してくれたという実績があったから。
この人の言葉なら信頼できると思わせる体験をわたしがしていたから。

だから先生の言葉がすっ~と入ってきたんだと思う。



そんなわけで、人を励ましたり元気付けようとする時に大事なのって、
どんなふうに言うかとか何を言うかももちろん大事だけど、それ以上にその人と自分との間に信頼感というか信頼するに足る積み重ねがあるかどうかが大きいんじゃないかなぁと。

そこまで関わったこともない人から、どんな言葉で励まされたってその言葉は響かない。
でもある程度気心が知れてる人からの言葉なら、どんな簡単で単純な一言でも響く。


JW時代に長老や年配の姉妹達からのハゲマシがどうしても心に響かなかったのはそれだと思うんですよね。誰も本当のわたしを知ろうとはしてなくて、模範的なゆずぽんにしか興味がない感じだった。だからどんなに長々と誉められて励まされたって、な~んにも残らない。言葉が全部上滑りしていく。
誉めてもらってるのになんでこんなにも嬉しくないんだろう・・・といつも不思議に思ってました(苦笑)。

特に長老からのハゲマシとか助言ほど腹立たしいものはなかったですねぇ。
個人的になんの信頼関係もないじゃん! と。
うちは父親がいなかったので、それに関しておざなりに励ましてもらったことが何度かあるけど、
「エホバがお父さんなんですよ」とか「難しい状況で頑張ってるゆずぽんさんのことをエホバは喜んでおられますよ」とか言ってくれる人はいたけど、父親がいないリアルな寂しさを気遣う人は誰一人いなかった。↑みたいな言葉なんかなんの腹の足しにもならないのにね(^^;)。

分かってるつもりで励ます人よりも、分からないということを分かってて励まさない人の方が、
カッコイイと思うんだなぁ。って、意味不明ですか?すいません。

うまく書けないよぅ! みんな、オラに文章力をーーー!!


とにもかくにも、先生とのあんだけの一コマで、帰り道ぐだぐだとこんなことを考えてました。


まー、こうやって考えると人を励ますなんて、そう簡単にはできないってことですな。
JWほんま安易に励ます励ます言い過ぎです。

もちろん誰かの何気ない一言がめちゃくちゃ励みになったりするってこともありますけどね。
要は、狙ってやることじゃないってことなのかな~。



最後にちょこっと自慢ターイム(笑)。
歯の治療よくがんばったぞゆずぽん!!ってことで、自分にご褒美を買ってしまいました。
(だって誰も買ってくれないから・・・)。

IXY920IS

どーーーーーん!!

ついに、ついに買ってしまいました。
念願のIXY920IS。オダジョーとおそろいだ~♪ なんつって。
ヨドバシのポイント全部使ってほぼ半額でゲット。うはうは。

プリンタも見てきたんですけど、最近のプリンタの写真印刷めっちゃ綺麗!
こりはプリンタも買いか!? 買っちまうか!?


カメラ、機能多すぎてまだ全く使いこなせてないですが良い写真撮れたら載せます~。
・・・99%の確立で飼い猫が登場すると思いますが(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/01/27 00:04 】

| 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。