スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
こんなライバル心は嫌だ
ではでは、15日に予告していたネタいってみよ。

いやまあたいした話ではないんですけどね。(←上げたハードルを下げてみる)

15歳ぐらいまでずっと同じ会衆で、仲の良かった1コ年上の幼馴染がいました。
といっても、どちらかというと彼女の弟2人と仲良くて、毎日ボールもって公園で遊んでました(笑)。
うん、小さい頃から一貫して女友達に心を開かない性質みたいです(苦笑)。

でもまなんだかんだでよくツルんでたんですけど。
それもやはり思春期を迎えると共にだんだん疎遠になっていくわけです。
その上、会衆まで変わってしまったため、以来ほとんどコンタクトを取ることもなく・・・。


1年半ぐらい前だったか、その幼馴染の彼女についてびっくりする出来事を人伝に聞きました。
彼女が異性問題で、伝道者の資格を失ったと発表されたと。
演壇から発表までされるのって、JW的にかなりいけないことをした時だけなんですよね。

まさかそんなことになってるとは露知らず、本気で驚いたのを覚えてます。
もっと驚いたのは、彼女を孫のように可愛がってた年配の姉妹から「○○ちゃんを反面教師にしてゆずぽんちゃんはしっかりとエホバの側に立ってね」というような趣旨のメールがきたこと。さすがに“反面教師”とは書いてなかったけど、要約すればそういう意味の内容でした。

あれほど可愛がっていたくせに、ここまで手のひらを返すのかと。
ただ一度、道を逸れてしまっただけで、こんなにも突き放してしまうのかと。
その頃はまだJWを離れる気なんてなかったんですが、今思えばその時抱いた違和感も一つのきっかけにはなってたのかもしれないです。

しかし、「ん?」と思いつつもやっぱりその頃はまだやる気のあるJWでしたから、
彼女に対する若干の軽蔑や、「やっぱり世は恐い、流されてはダメだ!」という気持ちもありました。

あと、これは我ながらサイテーだなと思うんですが、「ざまあみろ、いい気味」という気持ちもどこかにあったんですよね。彼女とは年齢が近かったせいで、同じ会衆にいた頃は“どっちが先にバプテスマを受けるか?”というライバル心のようなものがありました。若いければ若いほど良いみたいな空気が漂ってましたからね~。

で、彼女の方がちょっとリードしてるような感じだったんです。
だから、その知らせを聞いて「勝った!」とほっとしてる自分もどっかにいて。


もう~、今思えばなんて醜い! なんて馬鹿馬鹿しい!!

でもこういうライバル意識を抱いていた2世は多いんではないかと思います。
またそれを煽るような空気が会衆内にあるのもおかしな話なんですよね。
今はどうか分かりませんが。

本当にあの頃の自分のことを考えるとほとほと嫌になります。
JWを離れてから、彼女に対して申し訳ないと共に、今どうしてるのか心配で・・・。
もし今もJWたちの白くて冷たい視線に苦しんでたり、母親やその他の家族との関係もギクシャクしてるとしたらあまりにも辛いので、できれば会って話がしたいと思ってました。

でも連絡手段はないし、6年ほど会っても無いのにそこまで積極的に動くのもなぁ・・・なんて、
結局はなにもしない日々が続いてたのですが、そんな中こないだの金曜日に偶然の再会ですよ。

新聞配り終わって事務所に戻る途中に、道端で。


お約束ですが、瞬間、脳裏に浮かんだのは「うわ、超エホバっぽい!」(^^;)。
あのぉむしろJWやめてからの方が「エホバだわ~w」的な経験をするようになった気がするんですが。
要するに、エホバでもなんでもなく、単なる偶然なのですよ。

ああもう、就寝前にマジ祈りに費やしてた時間返してくれ。


なんか脱線しながらの文章で長くなってしまったので、今日はここまで。

てか本題入ってないし!!(汗)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2008/11/17 21:20 】

| JWネタ | コメント(2) | トラックバック(0) |
でーんでんむーしむし♪
みみっちい記事をトップに置いておくのが嫌になったので、更新します(笑)。

前回予告したネタはまた後日ということで。ちょっと小ネタを。

昨日、夕刊配達中にひっさしぶりに奉仕中のJWを見たんです!
しかも、公園とか広場とかではまったくない、普通の公道での曲がり角で集まってんの。
迷惑だし、ヘンだし! てかそこなんていう奉仕場所ですか?という。

で、新聞配達の終盤になってあるマンションの前で兄弟4人組に出会っちゃいまして。
そん中の一人が、かつてわりと家族ぐるみで仲良くしていた兄弟だったのでシカトするわけにもいかず。「お疲れ様~^^」と声を掛けてくるのに対して、「あ、どうもこんにちは~^^」なんてヘラヘラと笑いながら応えるわたし。なーに愛想振りまいてんだよ!!とツッコミ入れつつ。危うく社交辞令的に「がんばってくださいね~。」なんて言いそうになってしまった自分が恥ずかしい・・・(TT)。

いや、もちろん口が裂けてもガンバレなんて言いませんけども。

そんで、「ではでは~」と無難に別れたのに、その後の彼らのルートと新聞配達ルートが重なっちゃいまして。やっと追い越したと思ったら、新聞入れてる間に追い越され、追い越して追い越され・・・。
追い越す瞬間と追い越される瞬間の気まずいこと気まずいこと。

途中でさすがに嫌になったので、兄弟軍団が先の方まで行くまで待機することにしました。
おかげでいらぬ時間がかかった。


JWやめてから、奉仕してるJWを初めて客観的に観察したわけですが、とにかく一言言いたい。

歩くの遅すぎっ!!!

ほんっとにもう、のったりのったり歩いてんですよ!
主婦っぽい姉妹2人組にも遭遇したんですが、彼女らの後ろから歩いてきたおばあさんの方が断然足速いの(笑)。おかしいでしょ! 一人でも多くの人に知らせたいんじゃなかったっけ?

もうね、ちょっとやる気出したナマケモノのほうがよっぽど速いと思いますよ。

姉妹たちはともかく、兄弟軍団も同じぐらい遅いですからね。
しかも4人で固まって歩くもんだからもう、浮いてる浮いてる(^^;)。
頼むから、もうちょっとまわりの目も気にしてください。ほんとに。

あと頼むから、季節外れの真っ白なゴルフ帽子とか被るのやめてください。
というかあれか、その時代遅れな帽子で「わたしはエホバの証人です」と証言してるつもりか!


いや~、生ぬるくてイライラしますね(^^;)。


それにしても奉仕活動、自分はどんな心境でやってたんだっけ。
完全に忘れてしまわないうちに、またいずれ書き留めておこうと思います。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2008/11/17 00:24 】

| JWネタ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。